ゲーミングモニター 144Hz駆動のおすすめ人気ランキング!FPSなどで強くなるために

ゲーミングモニター

最近のゲームは高画質で動きの早いゲームが多いです。一般的な液晶モニターでは表現できなくても、ゲーミングモニターなら、低遅延・高速応答などでプレイすることができます。

ゲームに最適化されたモニターを使用することで、オンラインプレイなどで優位に立ち、MMOやFPS、スポーツなどのゲームで自分の実力を十分に発揮できることでしょう。

プロゲーマーの99%がリフレッシュレート144Hz以上の液晶モニターを使用しているようです。NVIDIAは、144fps/144Hzでプレイすればキルレートも上がるという調査結果を報告しています。

ゲーミングモニターの選び方

インチ数・解像度

一般ゲーマーやプロゲーマーなど多くの人が好むモニターの大きさは、24インチ・1920×1080です。28インチ以上の大きいモニターは、視線を動かす手間が増えるためゲームには向いていません。

解像度が高ければ、密度が増え、一度に多くの描画が可能となるので、敵が見つけやすかったりします。ですが、遠くの敵が小さくなるというデメリットもあります。

応答速度

応答速度とは、液晶のピクセルが黒から白になり、白から黒に戻るまでにかかる時間のことです。応答速度が遅いと、残像が見える場合もあり、オンラインゲームで残像を攻撃してしまうこともあるかもしれません。

一般的な液晶テレビの応答速度は10ms~25msとなっていますが、ゲーミングモニターでは1ms~2msのため、大きな差があります。

リフレッシュレート(単位:Hz)

ヘルツ

リフレッシュレート(垂直同期周波数)とは、モニターが1秒間に描画を書き換える回数のことです。リフレッシュレートが高いほど、映像は滑らかに表示されます。

1秒間に60回の画面書き換えと144回では大きな違いがあります。ゲーム側が200fpsとかで動作できていても、表示する液晶モニターが60Hzなら、60fpsの描画しかできません。

PS4やNintendo Switchなどの家庭用ゲームは最大60Hzまでの描画となっているので注意です。

液晶パネルの種類

  • TN方式
    メリットはコストが安いこと。デメリットは視野角による色変化や輝度変化が大きいこと。色の表現が重要な用途には向いていない。[ゲーム向き]
  • VA方式
    メリットは黒の表現が純粋、コントラスト比を高くできること。デメリットは視野角による色変化や輝度変化が大きいこと。TN方式より少し高価です。[ゲーム向き]
  • IPS方式
    メリットは視野角による色変化や輝度変化が小さいこと。デメリットはコントラスト比と輝度、応答速度を高くしにくいこと。

GTGとは

GTGとは、Gray To Grayの略でGtoGと表記されることもあります。これは、中間色から別の中間色に変わるまでの時間を指します。

実際に映像を表示する際は、黒から白(白から黒)よりも、中間色から別の中間色への切り替えの方が多いため、通常の応答速度とは別にGTGを併記することがあります。

接続端子

フルHD/144Hzで出力できる映像ケーブル、接続端子は、「DVI-D(デュアルリンク)」「DisplayPort 1.2以上」「HDMI 2.0以上」となります。数年前に発売されたモデルの場合、HDMIの端子が古い場合があるので注意が必要です。

詳しくは「HDMI、DVI、DisplayPortの違い」をご覧ください。

ゲーム向け機能

暗闇を明るくする「黒色調整」系の機能

ゲーミングモニターには、暗闇を明るくする「黒色調整」系の機能が搭載されている製品があります。BenQのBlack eQualizer、AcerのBlack Boost、ASUSのSplendid、I-O DATAのNight Clear Vision、iiyamaのBlackTunerなどです。

上手いプレイヤーでも、暗いシーンでの視認性の悪さは、ゲームの勝敗を分ける原因です。黒色調整系の機能を利用することで、ゲーム中の見えにくい暗所を明瞭にし、暗闇での敵が見やすくなります。

ベゼルの反射を抑える「マットデザイン」

必須ではないですが、液晶モニターのフレームが「マットデザイン」だと光が反射しません。反射しないので、パソコン作業・ゲームプレイに集中できます。

目の疲れや眼精疲労を低減する「フリッカーレス」

こちらも必須ではないですが、「フリッカーレス・テクノロジー」が採用されていると、目が疲れにくくなります。長時間のパソコン作業・ゲームプレイをする方は、この機能は必要だと思います。

おすすめ液晶スペック

  • 液晶サイズ:24~27インチ
  • 解像度  :1920×1080 以上
  • 応答速度 :GTG 2ms 以下
  • 同期周波数:144Hz 以上
  • 液晶パネル:予算に合わせてご自由に
  • 便利な機能
    • 暗闇を明るくする「黒色調整」系の機能
    • ベゼルの反射を抑える「マットデザイン」
    • 目の疲れや眼精疲労を低減する「フリッカーレス」

ゲーミングモニターのおすすめモデル

ランキングは、人気度・評価・価格・機能を基に当サイトが独断で決定しています。

8位:Dell ディスプレイ ゲーミング モニター S2716DG 27インチ

デル
Dell S2716DG
65,400 円~(税込)
  • 画面 :27インチ
  • 解像度:2560×1440 WQHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz
  • 応答速度1ms
  • HDMI 1.4、DisplayPort 1.2

NVIDIA G-Syncによるシャープで歪みのない映像と、非常に高速なリフレッシュレート(144 Hz)により、シャープで乱れのないグラフィックスを実現しています。鮮明なQHD解像度の新しいデル製27型モニタにより、鮮やかで大迫力のゲームプレイが可能です。

前後/縦横/左右の回転と高さ調節機能により、画面を最適な位置に調節して、長時間のゲームでも快適にプレイができます。

7位:LG ゲーミング モニター 24GM79G-B 24インチ

LG
LG 24GM79G-B
29,400 円~(税込)
  • 画面 :24インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz
  • 応答速度1ms (GTG)
  • HDMI×2(Ver2.0)、Display Port(Ver1.2)、USB3.0(1up/2down)

リフレッシュレート144HzとFreeSyncに対応したゲーミングモニター。FPSゲームなど高速な表示が望ましいコンテンツにおいて、高速かつクリアな映像表示が高い視認性を実現しています。

映像の暗い部分を認識し、暗い部分を明るく表示する「ブラックスタビライザー」機能を搭載。暗い場所のディティールを明るく表示することで、暗闇に隠れたターゲットをいち早く発見することが可能になります。

6位:ASUSゲーミングモニター IPS 27インチ

IPS
ASUS VG279Q
59,098 円~(税込)
  • 画面 :27インチ
  • 解像度:1,920 ×1,080 (フルHD)
  • パネル:IPS ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz (DVI-D, DisplayPort)
  • 応答速度1ms
  • HDMI 1.4、DVI-D、DisplayPort 1.2

27インチのIPSパネルでフレッシュレート144Hzの高速駆動とAdaptive-Sync(FreeSync™)機能を搭載。は画像の暗い部分をはっきりさせ、明るい部分を過度に露出せずに全体を明るくするShadow Boostも搭載。

さらに、1ms (MPRT)の高速応答速度とモーションブラーやティアリングを除去できるASUS独自の「Extreme Low Motion Blur」、入力遅延を極限まで抑えるGameFast入力技術も採用されています。

5位:iiyama ゲーミング モニター 24.5インチ

イイヤマ
iiyama GB2560HSU-B1
27,900 円~(税込)
  • 画面 :24.5インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz
  • 応答速度1ms (GtoG)
  • DisplayPort×1、HDMIコネクタ ×1

リフレッシュレート144HzとFreeSyncに対応したゲーミングモニター。残像感が低減され、動きの速い映像をなめらかに表現することができます。また、画面の暗い箇所の色合いを10段階で調節できる「黒レベル調整機能」も搭載。

iyamaオリジナルのi-Style Color機能で、動画やゲームなど、表示するモードによって最適な画質を簡単に選択することができます。目の負担を軽減させるフリッカーフリーLEDバックライト技術も採用。

4位:I-O DATA ゲーミングモニター ディスプレイ 24型

アイオー ギガクリスタ
I-O DATA EX-LDGC241HTB2
29,800 円~(税込)
  • 画面 :24インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz (HDMI-1、Display Port)
  • 応答速度0.7ms (GTG/オーバードライブ)
  • HDMI×3/アナログRGB×1/DisplayPort×1/USB

暗いシーンに隠れた敵もより鮮明に映し出すことができる「Night Clear Vision」を搭載。暗闇に隠れた敵や微妙な変化を見逃さず、ゲームを満喫することができます。

最大144Hzの高速リフレッシュレート対応。また、オーバードライブ機能搭載で応答速度0.7msを実現。特に、FPSなどのスピード感あふれるゲーム等に最適です。

スルーモード機能で内部フレーム遅延をわずか約0.05フレーム(約0.35ミリ秒)まで短縮。動きの速いゲームでは、操作と表示のズレが少なく、威力を発揮します。

3位:ASUS ゲーミングモニター 24型フルHD

エイスース
ASUS VG248QE
27,000 円~(税込)
  • 画面 :24インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz (DVI-D、Display Port)
  • 応答速度1ms (GTG)
  • DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1

リフレッシュレート144Hzの高速駆動と、1msの応答速度(グレー→グレー)の組み合わせによるTrace Free IIテクノロジーを搭載し、動きの激しい映像やPCゲームでも残像のないクリアな映像表現で、高性能ビデオカードの能力を余すことなく引き出します。

GamePlusホットキーを押すだけで利用できる便利な機能をディスプレイに搭載。FPSでは画面内にAimポインターを表示し弾道を予測したり、RTSでは刻々と迫る時間を表示することができます。

ゲームプラス

ASUSの映像エンジンSplendidは、映像をオブジェクト単位で解析し、表示内容に合わせた最適な画像処理を行います。ゲームモードを選択すると、暗闇が明るくなります。

2位:Acer ゲーミングモニター 23.6インチ

エイサー
Acer KG241QAbiip
25,000 円~(税込)
  • 画面 :23.6インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz
  • 応答速度0.6ms (GTG)
  • HDMI 2.0 x 2、DisplayPort v1.2 x 1

2018年11月に発売された新モデル。HDMI 2.0に対応しますが、DVI端子は搭載されていないためご注意ください。

ゲームジャンルに応じて最適な映像表示に設定された3種類の「Gameモード」を搭載。アクションモード、レーシングモード、スポーツモードの3種類から、お好みのモードを選択するだけで、簡単に映像を綺麗に表示できます。

黒の強弱を調節して、暗がりの視認性を高めるBlack Boost機能やFPSゲームに最適な照準表示機能、安定した滑らかなゲーム環境を実現したFreeSync、 目に優しいフリッカーレスを搭載。

1位:BenQ ゲーミングモニター ZOWIE XL2411P 24インチ

ベンキュー
BenQ XL2411P
30,799 円~(税込)
  • 画面 :24インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz (DVI-DL、Display Port)
  • 応答速度5ms (GTG 1ms)
  • DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1

ゲーム向けの機能が多く搭載されたゲーミングモニターです。暗い場面の視認性を高めるBlack eQualizer機能、FPSモードや格闘モードなどのゲームに最適化されたゲームモード機能。

画面に集中できるマットなベゼルデザイン、目の負担を軽減させるフリッカーフリー機能、色の鮮やかさを調整することで、敵を見やすい状態にするColor Vibranceが搭載されています。

パソコン関連記事