マウスコンピューター(G-tune)のおすすめカスタマイズを紹介!PCパーツ構成を解説

マウスコンピューター

初めてBTOパソコンを購入するには少し難しいカスタマイズをわかりやすく紹介します。マウスコンピューターで購入する際の「どのグラボがコスパがいいの?」「メモリやHDDの容量は?」「SSDは必要?」「マウス、キーボード、モニタは?」などPCパーツに関して初心者にもわかるように解説していきます。

マウスコンピューターPCをカスタマイズ

後々後悔しないためにも、自分のやりたいことに合わせてPCパーツを選ぶことは重要です。動作が安定したメーカーのPCパーツを採用すると、故障率も下がるはずです。

マウスコンピューターでは、お見積もりしたいパソコンのモデルを開き、「カスタマイズ・お見積り」ボタンをクリックすることでカスタマイズのページへ切り替わります。

構成

今回はマウスコンピューターの人気PCであるMASTERPIECE i1640GA2-SPを例にカスタマイズ内容を紹介します。他のパソコンでもカスタマイズ内容はほとんど同じですので、参考にしてみてください。 特に解説していない箇所は基本構成で全く問題ありません。

カスタマイズ:サポートサービス

サポート

  • [1年間 標準保証] 初期不良対応1ヵ月+センドバック修理保証
  • [1年保証/デスクトップPC] 安心パックサービス(専用ダイヤル/即日修理)+センドバック修理保証
  • [3年保証/デスクトップPC] センドバック修理保証

マウスコンピューターの延長保証です。無料で保証は1年間ついてきます。パソコンがおかしくなるとしたら、大体1年以内だと思います。3年以内でおかしくなるとしたら、OSの不具合やHDDの故障が考えられますが、ネットで検索して自分でなんとかできる問題だと思います。

お好みで選択ください。PC知識があまりなくて不安な方は3年保証を選択してみてはいかがでしょうか。

カスタマイズ:OSを選択

OS

  • Windows 10 Home 64ビット (DSP)
  • Windows 10 Pro 64ビット (DSP)

パソコンのシステムソフトウェアとなります。「Pro」か「Home」を選ぶことになるわけですが、どちらを選んでもゲームの快適さに影響するわけではありません。「Pro」にはPC上級者向けの機能が搭載されているので、その機能を使いたい方が選ぶOSです。

特別な理由がない限り、「Windows 10 Home 64ビット」で問題ありません。

カスタマイズ:構成のカスタマイズ

オフィスソフト

  • Microsoft(R) Office Personal 2019 ( Word / Excel / Outlook ) ( 個人向け )
  • Microsoft(R) Office Home and Business 2019 ( Word / Excel / Outlook / PowerPoint ) ( 個人向け )
  • Microsoft(R) Office Professional 2019 ( 全ての Office アプリケーション ) ( 個人向け )

Microsoft Officeソフトをパソコン購入時に買うと、「プリインストール版」がインストールされます。このバージョンは、別で購入する場合より1万円程度安くなります。 なので、オフィスを購入予定ならば、同時に購入したほうがいいと思います。

CPU

  • インテル Core i7-9700K プロセッサー
  • インテル Core i9-9900K プロセッサー

i9-9900Kをインテルは、世界最高のゲーム用プロセッサと謳っています。性能は高いですが、価格も高めです。ですが、熱問題があるため、上級者向けのCPUとなっています。

CPUは性能がある程度高ければ、ゲーム用途では大きな違いはありません。予算に合わせて、「i7-8700」「i7-8700K」「i7-9700F」「i7-9700K」から選択するといいでしょう。

CPUファン

  • 【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー
  • [ 12cmファン×1基 ] Cooler Master Hyper 212 EVO ⇒ 静音性能と冷却性能を両立!
  • 【高い冷却性能】水冷CPUクーラー(Liquid Solution)

PCゲームは負荷がかかるため、CPUクーラーは高性能なパーツを選ぶことをおすすめします。あと、高速に回転するため、静音性能が高い方がいいと思います。

Cooler Master Hyper 212 EVO」は、人気メーカーの定番モデルです。CPUにi9-9900Kを選択した場合、水冷CPUクーラーをおすすめします。

CPUグリス

  • 標準CPUグリス
  • 【 高熱伝導率 】 シルバーグリス AINEX AS-05
  • 【 高熱伝導率 】 ダイヤモンドグリス 親和産業 OC7
  • 【高耐久性能】 Thermal Grizzly Kryonaut

CPUグリスは、CPUとCPUファンとの間に塗るゼリー状のものです。熱伝導率が高いグリスほど、CPUクーラーに効率良く熱が伝わりますので、CPUが熱を持ちにくくなります。

CPUグリスは高価なものではないので、PCの寿命を少しでも延ばしたいのであれば、デフォルト以外の選択を強くおすすめします。

複数から選択できる場合が多いですが、どれも満足度の高い製品ですのでどれでもいいです。ただ、一番売れているのは「シルバーグリス AINEX AS-05」となります。

メモリ

  • 16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-19200 / DDR4-2400 ) / デュアルチャネル ]
  • 16GB メモリ [ 8GB×2 ( PC4-21300 / DDR4-2666 ) / デュアルチャネル ]
  • 32GB メモリ [ 16GB×2 ( PC4-21300 / DDR4-2666 ) / デュアルチャネル ]
  • 64GB メモリ [ 16GB×4 ( PC4-21300 / DDR4-2666 ) / デュアルチャネル ]

デフォルトが16GBになっているモデルの場合、そのままで問題ありません。

ゲーム用PCには、12GB以上のメモリを搭載しておきたいところです。今後PCゲームは12GB以上が推奨スペックになる可能性がありますし、ブラウザやボイスチャットなどゲーム以外のソフトを起動すると8GBではきついです。

ですが、一般的にメモリは8GB or 16GB単位なので、16GBの選択をおすすめします。仕事で4K動画を編集する人は、32GBをご検討ください。

また、DDR4-2400とDDR4-2666は僅かな性能の違いがありますが、ゲーム用途ではあまり関係ないため、安い方で問題ありません。

電源

  • 700W 電源 ( 80PLUS(R) BRONZE )
  • 700W 電源 ( 80PLUS(R) GOLD ) ⇒ 優れた電力変換効率で無駄な発熱を低減!
  • 800W 電源 ( 80PLUS(R) TITANIUM )

電源容量はグラボに合わせて選択するといいでしょう。 GTX1660系を搭載する場合、550W~650Wを選択、RTX2060/RTX2060S/RTX2070を搭載する場合、650W~750Wを選択、RTX2070S/RTX2080/RTX2080Tiを搭載する場合、750W以上を選択しましょう。

あと、電源ユニットには電力変換効率の性能を示すランク「BRONZE / SILVER / GOLD / PLATINUM / TITANIUM」があります。BRONZEが一番ランクが低く、TITANIUMが一番ランクが高いです。

ランクが高ければ電源ユニットが壊れにくくなりますが、価格も上がります。GOLDランクが、性能と価格のバランスが良いです。 電源が故障すると、全てのパーツに影響するため、GOLDランク以上のもの強くおすすめします。

光学ドライブ

  • 光学ドライブ非搭載
  • DVDスーパーマルチドライブ ( DVD±R DL 読み書き対応 )
  • Blu-rayディスクドライブ ( BDXL(TM) 読み書き対応 )

G-tune PCは、デフォルトで光学ドライブを搭載していないモデルが多いです。お好みで選択するといいでしょう。購入/レンタルしたDVD/BDをPCで視聴したい場合は搭載しておくといいかもしれません。

別に搭載しなくても、USB接続の外付けドライブという商品がAmazonで購入できます。

SSD (M.2)

  • 512GB NVM Express SSD ( Intel 660p / M.2 PCI Express Gen3 x4 接続 ) [ M.2 シールド ( 放熱板 ) 付 ]
  • 512GB NVMe SSD ( SAMSUNG PM981a / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 ) 最大3,500MB/s超の連続読み出し性能! [ M.2 シールド (放熱板) 付 ]
  • 1TB NVMe SSD ( SAMSUNG PM981a / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 ) 最大3,500MB/s超の連続読み出し性能! [ M.2 シールド (放熱板) 付 ]
  • 【 非RAID 】 2TB NVMe SSD ( 1TB×2 / SAMSUNG PM981a / M.2 PCIe Gen3 x4 接続 ) [ M.2 シールド (放熱板) 付 ]

SSDを搭載して、SSDにOSをインストールしていると、PCの起動が高速になります。SSDにゲームをインストールすると、ロード速度が早くなります。

M.2 SSD(NVMe)は、一般的な2.5インチ SSD(SATA)よりも約5倍以上も高速です。そのため、発熱が大きいので発熱対策が必要です。また、価格は高めです。

SSD (M.2)

  • M.2シールドなし
  • 【放熱性UP】M.2 シールド x1枚

M.2 SSDを選択している場合、パーツの放熱性を向上させる「M.2 シールド」の選択をおすすめします。

SSD

  • SSD無し
  • 480GB SSD ( 6Gbps 対応 )
  • 500GB SSD ( Crucial MX500 / SATA3 / 6Gbps 対応 )
  • 1TB SSD ( Crucial MX500 / SATA3 / 6Gbps 対応 )
  • 2TB SSD ( Crucial MX500 / SATA3 / 6Gbps 対応 )

M.2 SSDを選択していない場合、この2.5インチ SSDの搭載をおすすめします。SSDも随分安くなりましたので、約500GBの搭載をおすすめします。余裕があるなら1TB以上を搭載してみてはいかがでしょうか。

人気メーカーは、Crucial、Intel、WD、CFD、Samsungです。PCの動作やゲームのロード速度が遅くてもいいという方は不要なパーツです。

SSDまたはHDD

  • 3TB HDD
  • 4TB HDD
  • 8TB HDD

メインストレージがSSDとするモデルの場合は容量が少ないため、同時にHDDも搭載するのが一般的です。容量は最低2TB。自分のゲームプレイ動画などを保存する方は3TB以上を搭載しておきましょう。

ゲーマーは、小容量SDDを1台、大容量HDDを1台搭載してる人が多いと思います。SSDにOSとゲームをインストール、HDDにユーザーデータを保存するという形です。

グラフィックス (グラボ)

  • NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER / 8GB ( DisplayPort×3 / HDMI×1 )

モデルによって選択できるビデオカードは異なります。ゲーム用PCとして購入する方は、RTX2060 6GB/RTX2060 SUPER 8GB以上の選択をおすすめします。

予算に余裕のある方はRTX2070 SUPER 8GBRTX2080 SUPER 8GBRTX2080 Ti 11GBを選択するといいでしょう。

ケース

  • 【G-Tune】MASTERPIECE専用 プレミアムATXケース
  • 【G-Tune】MASTERPIECE専用 ガラスサイドパネル 「G-Tuneノーマルエディション」 ライトスモーク強化ガラス仕様

側面部分をガラスパネルにすると、中が見やすくなります。パーツの光を眺めたり、ホコリのたまり具合を確認できたりします。

キーボード

  • なし
  • Logicool PRODIGY RGB Keyboard G213
  • Logicool G512r-LN
  • Logicool G512r-TC

G-tuneにはキーボードが付属していませんので、自分で用意する必要があります。ゲーミングキーボードは、普通のキーボードよりも耐久性があったり、キーの同時押しにも対応しています。また、ショートカットキーが複数配置されているキーボードは、MMORPGやFPSでも便利に利用できます。

価格はAmazonよりも500円~1500円ほど安い価格に設定されているようです。G213とG512はAmazonでも人気商品となっています。

ゲーミングキーボードにこだわるならおすすめゲーミングキーボード紹介ゲーミングキーボード人気ランキングを参考にしてみてください。

マウス

  • なし
  • Logicool G402
  • Logicool G703h
  • ロジクール G502 HERO
  • Logicool G-PPD-002WL

G-tuneにはマウスが付属していませんので、自分で用意する必要があります。FPSゲームをするなら、ゲーミングマウスは絶対に購入しましょう。ゲーミングマウスを使うことで、AIMの精度が変わってきます。

Amazonでの人気商品は、G403hG703hG-PPD-002WLとなっています。

おすすめゲーミングマウス紹介ゲーミングマウス人気ランキングを参考にどうぞ。

マウスパッド

  • なし
  • Logicool G240t
  • Logicool G440t Hard Gaming Mouse Pad

「Logicool G240t」「Logicool G440t」はゲーミングマウスパッドの定番商品となっています。マウスパッド人気ランキングも参考にどうぞ。

ヘッドフォン

  • なし

PCゲームで音の方向を聞くのにサラウンドヘッドホン(ヘッドセット)は重要です。ヘッドホンにお金をかけることで、敵がどの方向に居るのかが音でわかります。

Amazonでの人気商品は、G433BKG933sSteelSeries Arctis 5HyperX Cloud Revolver SHyperX Cloud IIとなっています。

モニター

  • なし

液晶モニターも自分で用意しなければなりません。液晶モニターの最適なインチ数は24型です。

PCでFPSゲームをするならゲーミングモニターは重要です。ゲーミングモニター144Hz駆動のおすすめでも紹介しています。

パソコン関連記事