HDMI、DVI、DisplayPortの違い。モニターに144Hz出力できるケーブルを選ぼう

ケーブル

液晶に接続するケーブル

液晶ディスプレイ/液晶モニターとパソコンを接続するためのケーブルは、HDMI、DVI、DisplayPortが多く使われています。端子や価格が異なるのはもちろん、ケーブルによって出力できる解像度、リフレッシュレート(Hz)が異なります。

現在の主流は、DVIのデジタル信号である「DVI-D」です。数年前まではシングルリンクという形式でしたが、最近はデュアルリンクとなっています。シングルとデュアルでも出力できる解像度、リフレッシュレートは異なりますが、端子の互換性はあります。

DVI端子は、昔から液晶モニターに採用されているため、液晶モニターを購入すると、このケーブルが付属していることがほとんどで、無駄に増えていくケーブルでもあります。

HDMI端子は液晶テレビやノートパソコンにも搭載されているため、HDMIケーブルを数本所有している人が多いと思いますが、DisplayPort端子はデスクトップパソコンにしか搭載されていないため、特別な理由がない限り購入しないケーブルだと思います。

各ケーブルの最大解像度・リフレッシュレート

端子最大解像度・リフレッシュレート(Hz)
HDMI 2.1最新 1080p (1920×1080) 240Hz
4K  (3840×2160) 144Hz
4K  (3840×2160) 240Hz*
8K  (7680×4320) 120Hz*
10K  (10240×4320) 60Hz
HDMI 2.0最近 1080p (1920×1080) 240Hz
4K  (3840×2160) 120Hz*
5K  (5120×2880) 60Hz*
8K  (7680×4320) 30Hz*
HDMI 1.4主流 1080p (1920×1080) 120Hz
4K  (3840×2160) 60Hz
5K  (5120×2880) 30Hz
DVI-D主流 1080p (1920×1080) 144Hz
WQXGA (2560×1600) 60Hz
4K  (3840×2160) 33Hz
DisplayPort 1.4最新 1080p (1920×1080) 240Hz
4K  (3840×2160) 120Hz*
8K  (7680×4320) 60Hz*
DisplayPort 1.2主流 1080p (1920×1080) 240Hz
4K  (3840×2160) 50Hz
5K  (5120×2880) 30Hz
※DSC圧縮が必要となります。信号を圧縮して復元する処理が加わるため、非圧縮より少なからず遅延が発生します。

HDMI、DVI、DisplayPort(DP)の違い

現在の主流となっている「DVI-D」では、フルHD/144Hzが限界です。そのため、240Hzの液晶モニターを使用する場合、「DisplayPort 1.4」を使用することになるのが現状です。

その他の違いとして、HDMI/DisplayPortは映像と音声を1本のケーブルで出力することができます。液晶モニターのスピーカーを利用したい場合は、これらのケーブルが便利です。DVI-Dは、映像しか出力できません。

HDMI 2.1」が普及してくるのは、2018年以降です。HDMI 2.1端子の搭載が当たり前の時代になると、DVI-Dが使われることが減り、液晶モニターに接続するケーブルはHDMIのみになるかもしれません。

家庭用ゲーム機のPS4/Nintendo Switchは、ゲーム機器側の性能により、最大60fpsでしかゲームを楽しむことができません。次世代ゲーム機のPS5が発売される頃には、家庭用ゲーム機でもフルHD/120hz以上でゲームが楽しめる時代が来るのかもしれません。

フルHD/144Hz出力で楽しむ方法

リフレッシュレート144Hzで出力するには、液晶モニターの端子、グラボの出力端子、接続ケーブルがフルHD/144Hzに対応している必要があります。現在販売されているモニターの多くは、「HDMI 1.4」「DVI」「DisplayPort 1.2」の端子が搭載されています。

そのためHDMIではフルHD/144Hz出力ができないため、DVI-DケーブルDisplayPortケーブルを利用することになります。2017年以降に発売されている高価なモデルは、「HDMI 2.0」「DVI」「DisplayPort 1.4」が搭載されているモニターもあります。

ほとんどのグラボはDVI出力が優先され、液晶モニターにはDVI-Dケーブルが付属されているので、DVIでフルHD/144Hzを楽しむ人がほとんどだと思います。もちろん、DisplayPortでもフルHD/144Hzは可能です。

フルHD/240Hz対応の液晶モニターの場合、今のところ、DisplayPortしか選択肢がないことがほとんどです。

144Hz対応液晶モニター、対応端子、対応ケーブルを接続し、パソコンの液晶出力設定を144Hzにすることで、144Hzでの動作が可能となります。

パソコンの液晶出力設定を144Hzにするのは、デスクトップを右クリックして、「画面の解像度 → 詳細設定 → モニター → 144ヘルツ」を選択します。モニター、端子、ケーブルが対応している場合、マウスカーソルの動きがスムーズになるのを確認できるはずです。

文字がつぶれている、解像度がおかしいなどの問題が発生している場合はDVI-Dケーブルがシングルリンクかもしれません。デュアルリンクかどうか確かめてみてください。シングルリンクは、端子の塊が分断[- □ □]されていますが、デュアルリンクは分断[- □□]されていません。

144Hzで劇的に変わるのは、FPSゲームです。60Hzでは当たったと思った弾が当たっていなかったということが多々あるかもしれませんが、144Hz/応答速度1msのゲーミング液晶モニターでは、弾が当たりやすくなるのを体感できるはずです。

おすすめゲーミング液晶モニター

ASUS ゲーミングモニター 24型フルHD

エイスース
ASUS VG248QE
32,378 円~(税込)
  • 画面 :24インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz
  • 応答速度1ms
  • DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1

リフレッシュレート144Hzの高速駆動と、1msの応答速度(グレー→グレー)の組み合わせによるTrace Free IIテクノロジーを搭載し、動きの激しい映像やPCゲームでも残像のないクリアな映像表現で、高性能ビデオカードの能力を余すことなく引き出します。

GamePlusホットキーを押すだけで利用できる便利な機能をディスプレイに搭載。FPSでは画面内にAimポインターを表示し弾道を予測したり、RTSでは刻々と迫る時間を表示することができます。

ゲームプラス

BenQ ゲーミングモニター ZOWIE XL2411 24インチ

ベンキュー
BenQ XL2411
29,690 円~(税込)
  • 画面 :24インチ
  • 解像度:1920×1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz (DVI-DL接続時)
  • 応答速度5ms (GTG 1ms)
  • DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1

どんなに技術のあるゲーマーでも、暗いシーンでの視認性の悪さは、ゲームの勝敗を分ける原因となります。Black eQualizerを設定することで、ゲーム中の見えにくい暗所や逆に明るすぎる範囲の輪郭・明るさを明瞭にし、隠れている敵や障害物を素早く見分けることができるようになります。

集中力はeSportプレーヤーにとって重要なキーワードです。反射を抑えたマットなベゼルデザインを採用することによって、ゲームに集中できる環境を整え、パフォーマンス維持をサポートします。

パソコン関連記事