HDMI、DVI、DisplayPortの違い。モニターに144Hz出力できるケーブルを選ぼう

ケーブル

液晶に接続するケーブル

液晶ディスプレイ/液晶モニターとパソコンを接続するためのケーブルは、HDMI、DVI、DisplayPortが多く使われています。端子や価格が異なるのはもちろん、ケーブルによって出力できる解像度、リフレッシュレート(Hz)も異なります。

DVI-D

DVI-Dは、DVIのデジタル信号で現在の主流となっているケーブルです。DVI-Dにも、シングルリンクとデュアルリンクの2種類がありますが、最近はデュアルリンクが使われていることが多いです。

シングルリンクとデュアルリンクの違いは、出力できる解像度やリフレッシュレートは異なるということです。ですが、端子の互換性はあるため、どちらの形式でもモニターの端子に挿すことはできます。

DVI端子は、昔から液晶モニターに採用されているため、液晶モニターを購入すると、このケーブルが付属していることがほとんどで、無駄に増えていくケーブルでもあります。

HDMI

HDMIは液晶テレビやレコーダー、家庭用ゲーム機、ノートパソコンにも搭載されている端子で、多くの映像機器に使われるケーブルです。

HDMIにはバージョンがあり、バージョンによって出力できる解像度やリフレッシュレートが異なります。ケーブルを購入する際は、バージョンに注意してください。

DisplayPort

DisplayPortはデスクトップパソコンにしか搭載されていないため、特別な理由がない限り購入しないケーブルだと思います。DisplayPortにもバージョンがあり、バージョンによって出力できる解像度やリフレッシュレートが異なります。

ゲーミングモニターを購入すると、DisplayPortケーブルが付属でついてくることもあります。

端子の最大解像度・リフレッシュレート

端子最大解像度・リフレッシュレート(Hz)
DVI-D
デュアルリンク
主流 1080p (1920×1080) 144Hz
WQXGA (2560×1600) 60Hz
4K  (3840×2160) 33Hz
HDMI 2.1最新 1080p (1920×1080) 240Hz
4K  (3840×2160) 144Hz
4K  (3840×2160) 240Hz*
8K  (7680×4320) 60Hz*
8K  (7680×4320) 120Hz*
10K  (10240×4320) 60Hz*
HDMI 2.0最近 1080p (1920×1080) 144Hz
4K  (3840×2160) 60Hz
4K  (3840×2160) 120Hz**
5K  (5120×2880) 60Hz**
8K  (7680×4320) 30Hz**
HDMI 1.4主流 1080p (1920×1080) 120Hz
4K  (3840×2160) 30Hz
4K  (3840×2160) 60Hz**
5K  (5120×2880) 30Hz**
DisplayPort 1.4最新 1080p (1920×1080) 240Hz
4K  (3840×2160) 120Hz*
8K  (7680×4320) 60Hz*
DisplayPort 1.2主流 1080p (1920×1080) 240Hz
4K  (3840×2160) 50Hz
5K  (5120×2880) 30Hz
*DSC圧縮が必要となります。信号を圧縮して復元する処理が加わるため、非圧縮より少なからず遅延が発生します。
**YCrCb4:2:2/4:2:0で圧縮されています。
最新 … 今後の新製品に搭載されていくであろう規格
最近 … 最近流通しかけている規格
主流 … 現在流通している規格

HDMI、DVI、DisplayPort(DP)の違いと使い分け

3種類の違いは、端子の形・出力解像度・リフレッシュレート・音声出力の有無です。

一番多くのパソコンに接続されているであろう「DVI-D」では、フルHD/144Hzが限界です。不具合が発生しない安定しているケーブルのため、フルHD/144Hzまでで十分な場合はこの端子/ケーブルをおすすめします。

フルHD/240Hzの液晶モニターを使用する場合、「DisplayPort 1.2」と「HDMI 2.1」が対応していますが、HDMI 2.1端子よりもDisplayPort 1.2端子を搭載した液晶モニターの方が多いです。

その他の違いとして、HDMI/DisplayPortは映像と音声を1本のケーブルで出力することができます。液晶モニターのスピーカーを利用したい場合は、これらのケーブルが便利です。DVI-Dは、映像しか出力できません。

HDMI 2.1」が普及してくるのは、2019年以降です。HDMI 2.1端子の搭載が当たり前の時代になると、DVI-D/DisplayPortが使われることが減り、PC液晶モニターに接続するケーブルはHDMIのみになるかもしれません。

家庭用ゲーム機のPS4とNintendo Switchは、ゲーム機器側の性能により、最大60fpsでしかゲームを楽しむことができません。次世代ゲーム機のPS5が発売される頃には、家庭用ゲーム機でもフルHD/120hz以上でゲームが楽しめる時代が来るのかもしれません。

フルHD/144Hz出力で楽しむ方法

リフレッシュレート144Hzで出力するには、液晶モニターの端子、グラボの出力端子、接続ケーブルがフルHD/144Hzに対応している必要があります。

液晶モニターの端子を確認

現在販売されているモニターの多くは、「HDMI 1.4」「DVI」「DisplayPort 1.2」の端子が搭載されています。ですが、「DVI」が搭載されていないモニターや「HDMI 2.0」が搭載されているモニターも増えてきています。

フルHD/144Hzでゲームをプレイしたい場合は、「DVI」「HDMI 2.0/2.1」「DisplayPort 1.2/1.4」のどれかが搭載されている液晶モニターを選びましょう。

グラボの端子を確認

「HDMI 2.0」を搭載した液晶モニターはまだ少ないので、多くのグラボが搭載している「DVI」か「DisplayPort 1.2/1.4」を利用することになると思います。

ですが、最新のグラボは、「DVI」が搭載されていませんので、液晶モニターやケーブルを購入する際はご注意ください。

対応ケーブルの準備

ゲーミングモニターを購入すると、何かしらのケーブルが1つ付属していることがほとんどです。端子やケーブルの長さを考えて、対応しているケーブルを準備しましょう。

HDMIケーブルにはバージョンが記載されていない商品が多いです。伝送速度18Gbps以上、HDR対応、プレミアムHDMIケーブルなどと記載されていると、144Hzも対応している可能性がありますが、対応していないこともあるようです。バージョン2.0と記載されていても、144Hzに対応していない商品もあるのでご注意ください。

動作確認済みのケーブルはこちらの環境で1440p/144Hzの動作が確認できたものです。ですが、相性問題もあるので全ての環境での動作を保証するものではありません。

144Hz出力に設定

144Hz対応液晶モニター、144Hz対応のモニター端子、144Hz対応のグラボ端子、144Hz対応ケーブルを接続し、パソコンの液晶出力設定を144Hzにすることで、144Hzでの動作が可能となります。

パソコンの液晶出力設定を144Hzにするのは、タスクバーからNVIDIAコントロールパネルを選択して、「ディスプレイ → 解像度の変更 → 144Hz」を選択します。設定完了後、マウスカーソルの動きがスムーズになるのを確認できるはずです。

文字がつぶれている、解像度がおかしいなどの問題が発生している場合はDVI-Dケーブルがシングルリンクかもしれません。デュアルリンクかどうか確かめてみてください。シングルリンクは、端子の塊が分断[- □ □]されていますが、デュアルリンクは分断[- □□]されていません。

144Hzで劇的に変わるのは、FPSゲームです。60Hzでは当たったと思った弾が当たっていなかったということが多々あるかもしれませんが、144Hz/応答速度1msのゲーミング液晶モニターでは、弾が当たりやすくなるのを体感できるはずです。

おすすめゲーミング液晶モニター

BenQ ゲーミングモニター ZOWIE XL2411P 24インチ

ベンキュー
BenQ XL2411P
30,799 円~(税込)
  • 画面 :24インチ
  • 解像度:1920x1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz (DVI-D、DisplayPort)
  • 応答速度5ms (GTG 1ms)
  • DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1

ゲーム向けの機能が多く搭載されたゲーミングモニターです。暗い場面の視認性を高めるBlack eQualizer機能、FPSモードや格闘モードなどのゲームに最適化されたゲームモード機能。

画面に集中できるマットなベゼルデザイン、目の負担を軽減させるフリッカーフリー機能、色の鮮やかさを調整することで、敵を見やすい状態にするColor Vibranceが搭載されています。

I-O DATA ゲーミングモニター ディスプレイ 23.6型

アイオー ギガクリスタ
I-O DATA EX-LDGC242HTB
25,600 円~(税込)
  • 画面 :23.6インチ
  • 解像度:1920x1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz (HDMI-1、Display Port)
  • 応答速度0.6ms (GTG/オーバードライブ)
  • HDMI×3/DisplayPort×1

暗いシーンに隠れた敵もより鮮明に映し出すことができる「Night Clear Vision」を搭載。暗闇に隠れた敵や微妙な変化を見逃さず、ゲームを満喫することができます。

最大144Hzの高速リフレッシュレート対応。また、オーバードライブ機能搭載で応答速度0.6msを実現。特に、FPSなどのスピード感あふれるゲーム等に最適です。

スルーモード機能で内部フレーム遅延をわずか約0.05フレーム(約0.35ミリ秒)まで短縮。動きの速いゲームでは、操作と表示のズレが少なく、威力を発揮します。

ASUSゲーミングモニター 24.5インチ

エイスース
ASUS FHD 165Hz
28,048 円~(税込)
  • 画面 :24.5インチ
  • 解像度:1920x1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz(DVI), 165Hz(DP)
  • 応答速度0.5ms (GTG)
  • HDMI 1.4, DVI-D, DisplayPort 1.2

2019年4月発売モデル。0.5msの応答速度、165Hzのリフレッシュレートと他の液晶モニターよりも少し高性能です。

そして、G-SYNC Compatible/AMD FreeSync(Adaptive-Sync)にも対応。入力遅延を極限まで抑えるGameFast入力技術、遊ぶゲームジャンルに合わせて最適な色調やコントラストなどを選択できるGameVisual機能も搭載されています。

おすすめ液晶モニターは、ゲーミングモニター144Hz駆動のおすすめ人気ランキングでも紹介しています。

パソコン関連記事