初心者へのパソコン購入ガイド!PCの選び方やおすすめスペックなどを紹介

パソコン購入

パソコンが欲しいと思っても種類が多すぎてどれを購入すればいいのかわからない初心者の方は多いと思います。そんな方のためにパソコンの選び方やスペックについてわかりやすく説明させていただきます。

パソコンを購入して何に使う?

パソコンの使い道・使用用途別に大きく分けると以下のような分類をすることができます。

  • ネット閲覧・仕事用のノートPC
  • ゲーム・映像処理用のノートPC
  • ネット閲覧・仕事用のデスクトップPC
  • ゲーム・映像処理用のデスクトップPC

ノートパソコンは、持ち運ぶことが出来ます。仕事などで外に持ち運ぶことも出来ますし、家で使うときもベッドで寝ながら使用したり、部屋を変えて使ったりすることもできるので便利です。あと、置き場所を確保しなくてもいい所もメリットです。

デスクトップパソコンは、高スペックのパソコンでもノートPCよりも安く購入できるのが魅力です。また、PCパーツを多く搭載できるので、拡張することもデータ保存領域を増やすことも簡単です。ですが、本体が大きいので場所を確保する必要がある点がデメリットになります。

「ネット閲覧・仕事用」のPC価格は比較的安く、ゲーム・映像処理用のPC価格は高くなっています。それは、インターネットを見るのと、ゲームをするのでは必要なPCスペックが変わってくるからです。

必要なスペックが低くても問題ないのであれば、ノートパソコンがおすすめです。高負荷のかかる処理をするのであれば、デスクトップパソコンの方が価格が安くなるので、ゲームや映像編集などをする人はデスクトップパソコンを購入する人が多いです。

パソコンに使われる主なパーツ

CPU
人間のにあたるパーツとなります。Intel Core i3, i5, i7 というのがこのパーツです。CPUが高性能なほど、基本的なPCの処理が高速になります。
メモリ (RAM)
作業する机の大きさと例えられることが多いパーツです。4GBよりも8GB、8GBよりも16GBの方が多くの作業を同時にすることができます。机が大きければ多くの資料を広げることができるということです。
HDD/SSD (ROM)
机の収納スペースの容量です。容量が大きいほど多くのデータを保存することが出来ます。
OS
パソコンを動かすためのシステムです。Windows 10というのがこの部分です。
ビデオカード
ビデオカードはグラフィックボードとも呼ばれ、それを略してグラボと言われることが多いです。ゲームや映像編集やエンコードなど高負荷なことをする時に必要なPCパーツです。WEBサイトや動画を見るだけならなくても問題ありません。

おすすめのパソコンスペック

CPU

ネットサーフィンやワード・エクセルなど軽いソフトを使用する場合はIntel Core i3またはIntel Core i5で問題ありません。ゲームをする人やPhotoshopなど重いソフトを使用する場合はIntel Core i5でいいと思います。

ですが、将来のことを考えてIntel Core i7を搭載しておくのが個人的におすすめです。動画・映像をエンコードする場合はIntel Core i7じゃないと耐えられません。

メモリ (RAM)

ネットサーフィンやワード・エクセルなど軽いソフトを使用する場合は4GBで十分でしょう。予算に余裕があるならば8GBをおすすめします。

Photoshopなど重いソフトを使用する場合は8GB、ゲームや映像処理をする場合は、16GBをおすすめします。

HDD/SSD (ROM)

HDDよりも読み込みが高速のSSDというパーツがあります。SSDは静かで読み込みが速いですが価格は若干高めです。SSDを搭載することで、OSの起動や各ソフトの起動が速くなったり、ゲームのロードが速くなったりします。

ノートパソコン本体と使用する人の耳との距離は近いため、HDDを搭載すると動作音がうるさく感じることがあります。音が心配な人は、SSDを搭載しているパソコンをおすすめします。

HDDは価格が安いので2TB以上、SSDは価格が高いですが250GB~1TB程度の容量は欲しいところです。このパーツは初心者でも交換が簡単なので、後からでも変えることができます。ですが、HDD/SSDを変更すると、OS/ソフト/ユーザーファイルをインストール&コピーしたりしないといけません。交換は簡単ですが、作業は面倒です。

OS

特に理由がない限り、最新のWindows 10 Home 64bitで問題ありません。Windows10を購入すれば、無料でOSアップデートが提供されます。

ビデオカード

ゲームをしたい人には必須です。しない人は不要なパーツです。とりあえず搭載しておきたい場合はGTX1050、いろんなゲームをしたい場合GTX1060、様々なゲームを高設定で楽しみたい場合GTX1070がおすすめです。

映像処理の場合は、GTX1050やGTX1060などのコスパのいいグラボを搭載しておくと快適だと思います(なくてもエンコードは可能です)。

PCの選び方や用途別のおすすめスペックまとめ

ネット用・ビジネス用

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Intel Core i3
  • メモリ:4GB
  • HDD:1TB以上
  • グラボ:不要

Photoshopなど重いソフトを使用

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Intel Core i5
  • メモリ:8GB
  • HDD:1TB ~ 2TB
  • グラボ:不要

ゲーム用

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Intel Core i7
  • メモリ:16GB
  • HDD:2TB
  • グラボ:GTX1050 ~ GTX1070

映像編集・エンコード用

  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • CPU:Intel Core i7
  • メモリ:16GB
  • HDD:2TB ~ 3TB
  • グラボ:GTX1050 ~ GTX1060 (or 不要)

おすすめのパソコン

ネット閲覧・事務作業向け

製品ページアルタイル F-13 84,980円(税抜)
スペックCore i5-7200U、インテル HDグラフィックス620(CPU内蔵) 、メモリ8GB
特徴持ち運びに便利な人気モバイルノート
製品ページクリテア DX-KS H3 59,980円54,980円(税抜)
スペックCore i3-7100U 、インテル HDグラフィックス620(CPU内蔵) 、メモリ4GB
特徴15.6インチなのに低価格を実現

ゲーム向け

製品ページガレリア ZV 199,980円196,980円(税抜)
スペックCore i7-8700K、NVIDIA GTX1070Ti 8GB、メモリ16GB
特徴Core i7-8700KとGTX1070Tiの最新スペックモデル。製品レビュー150件超えの売れ筋ゲーミングPC。
製品ページガレリア ZT 172,980円(税抜)
スペックCore i7-8700K、NVIDIA GTX1060 6GB、メモリ16GB
特徴K付きCPUでゲーム実況も快適!コスパ重視のGTX 1060搭載モデル。
製品ページガレリア XT 145,980円142,980円(税抜)
スペックCore i7-7700、NVIDIA GTX1060 6GB、メモリ8GB
特徴製品レビュー300件超え、価格.comアワード受賞の定番ゲーミングPC。
製品ページガレリア GKF1060GF 169,980円149,980円(税抜)
スペックCore i7-7700HQ、GTX1060 6GB、メモリ8GB
特徴人気のゲーミングノートPC。SSDとHDD搭載でゲームも快適に。

映像処理・クリエイター向け

製品ページレイトレック-V ZT ¥169,980(税抜) / 人気1位
スペックCore i7-8700、GTX1060 6GB、メモリ16GB
特徴CUDA/NVENC対応のグラボ搭載。動画編集が快適になる高スペックPC。
製品ページレイトレック-V MX ¥119,980(税抜) / 人気2位
スペックCore i7-7700、GTX1050 2GB、メモリ16GB
特徴CUDA/NVENC対応のグラボ搭載。動画編集向けの定番モデルPC。
製品ページレイトレック-V IM ¥79,980(税抜) / 人気3位
スペックCore i5-7500、メモリ8GB、SSD240GB、HDD1TB
特徴趣味で写真や動画編集をしたい入門者向けパソコン。
製品ページレイトレック-V ZV ¥199,980(税抜) / 人気2位
スペックCore i7-8700、GTX1070Ti 8GB、メモリ16GB
特徴あらゆる処理がワンランク上の快適さ。動画編集、ゲーム実況向けの高スペックPC。

パソコン関連記事