高フレームレート、144Hzゲーミングモニターを使用すればFPS/TPSのキルレが上がる!

ゲーミングモニター

NVIDIAは、公式サイトにて、「高いフレームレートはプレイヤーに優位性を与え、より良い結果をもたらす」という調査結果を報告しています。

フレームレート(fps)が高いほどキルレシオが上がる

ProSettings.netProSettings.comによると、Apex Legends・フォートナイト・PUBGといったバトルロイヤルゲームでは、プロゲーマーの99%がリフレッシュレート144Hz以上の液晶モニターを使用しているとのこと。そして、プロゲーマーの30%が240Hzのモニターを使用しているそうです。

低レイテンシーと高フレームレートのメリット

処理

ゲームでは、マウスやキーボードを操作してから、画面に表示されるまで、PC上で複雑なプロセスが発生します。この時間は「レイテンシー」と呼ばれ、レイテンシーが低いほど、応答時間は良くなります。

グラボのGPUの処理速度が速ければ速いほど、「Game Engine」「Direct X Render」「GPU Render」に要する時間が短くなり、更新された画像がモニターに表示されるまでの反応が速くなります。そのため、GPUはレイテンシーを短縮させるため最も重要な要素と言えます。

応答時間

最新のRTX2080では、GTX750Tiに比べてレイテンシーが約半分になっており、グラボを搭載していないPCに比べると約6分の1まで短縮されています。

NVIDIAの調査チームは、プロゲーマーの協力により、A/Bテストを実施。レイテンシーが数ミリ秒短縮されるだけでも、メリットがあることが判明したそうです。

高いフレームレートと低いレイテンシーは次のことを意味します。FPS/TPSゲームでは144Hz以上の液晶モニターを使用したい理由です。

  • fpsが高いほど、次のフレームがより速く表示され、それに応答することができます。
  • 高いリフレッシュレートのモニターを使用すると、映像は滑らかに表示され、動いている敵を狙いやすくなります。また、フレーム間のマイクロスタッターやピクセルスキップが発生する確率も減ります。
  • 超低モーションブラー(ULMB)のようなG-SYNC技術と組み合わせると、動きの速いシーンでオブジェクトやテキストがよりシャープになり認識しやすくなります。

高フレームレートとキルレシオ

NVIDIAは、キルレート[K/(K+D)]ではなく、キルレシオ[K/D]で調査結果を報告しています。1デスするまでに、何人キルできたかという指標です。(例:10キル / 2デス = 1デスあたり5キルしている)

キルレシオを計算するために、匿名化したGeForce Experienceハイライトデータを使用。PUBGとフォートナイトにおける、一般的なゲーマーのパフォーマンス結果を公開しています。

成績

GTX600シリースとRTX20シリーズを比較すると、53%も高くなっています。GTX10とRTX20では、16%異なります。ですが、これは上級者は高性能なグラボを購入する傾向があるという可能性もあります。

そのため、1週間のプレイ時間に基づいてデータを調べた結果が以下になります。

戦績

結果をみると、全てのプレイ時間で高性能なグラボほど、キルレシオも高くなっています。プレイ時間にかかわらず、高性能なグラボを使用すれば、フレームレートが上がって敵が狙いやすくなるため、キルレシオが上がるということです。

プレイ時間が長くなるほど、GTX1050/TiとGTX1080/Tiの差が広がっているのも結果から確認できます。なので、キルレートやキルレシオを上げたければ、腕を磨く前にPCスペックを整える必要があるということでしょう。

高リフレッシュモニターとキルレシオ

60 Hz、144 Hz、240 Hzのモニターに、GTX10シリーズとRTX20シリーズを使用した場合のキルレシオを比較。高解像度にするとフレームレートに影響するため、今回は1080pのプレイヤーに調査対象が限定されています。

上げる

データによると、144Hz以上の高リフレッシュモニターを最大限に活用するゲーマーのキルレシオが大幅に高くなっています。240Hzになると、さらにキルレシオが上がり、グラボが高性能なほど、キルレシオが良くなるようです。

プロゲーマーでなくても、144Hz以上の高リフレッシュモニターは大きな恩恵をプレイヤーに与え、より良いパフォーマンスを引き出すことができます。144Hzの場合、ゲームを144fpsで動作させなければなりません。240Hzでは、究極なパフォーマンスを実現することができますが、ゲームも240fpsで動作させなければ最大限に引き出せないため、超高性能なグラボが必要です。

バトルロイヤルゲームに最適なグラボ

Apex Legends

エーペックス

i7-8700K、1080p、高設定の場合、RTX2070を搭載すると平均144fpsを達成できます。RTX2080Tiを使用すると、平均200fpsを実現できるようです。

CoD:BO4 ブラックアウト

コールオブデューティー

i7-8700K、1080p、高設定の場合、GTX1660Tiを搭載すると平均144fpsを達成できます。RTX2080を使用すると、平均240fpsを実現できるようです。

フォートナイト

Fortnite

i7-8700K、1080p、高設定の場合、GTX1660Tiを搭載すると平均144fpsを達成できます。RTX2080を使用すると、平均240fpsを実現できるようです。

PUBG

パブジー

i7-8700K、1080p、高設定の場合、RTX2070を搭載すると平均144fpsを達成できます。RTX2080Tiを使用すると、平均180fps以上を実現できるようです。

おすすめグラボ

GTX1660Ti 6GB – 価格重視&コスパの高いグラボ

GTX1660Ti 6GBは、GTX1060の最大1.5倍となる性能を持っているグラボです。価格は抑えられていますが、1年後に発売されるゲームの要求スペックが上がり、後々後悔する可能性もあります。後悔したくない方はRTX2060 SUPRERをおすすめします。

RTX2060 SUPRER 8GB – 性能重視&コスパの高いグラボ

RTX2060 SUPRER 8GBは、RTX2070に近い性能を引き出せるグラボです。様々なゲームを、144fpsに近づけさせたい方はこのRTX2060 SUPRER以上を搭載するべきでしょう。

RTX2070 SUPRER 8GB – ゲーマーに人気上昇中のグラボ

RTX2070 8GBは、GTX1080に近い性能を引き出せるグラボです。様々なゲームを確実に144fpsで動作させたい人におすすめです。1440pや4Kでプレイしたい人にも需要があります。70番台のグラボは、ゲーマーに人気となるモデルです。

RTX2080Ti 11GB – 予算に余裕のある人向け

RTX2080Ti 11GBは、GTX1080の最大1.2倍となる性能を持っているグラボです。高画質でのフルHD/144fpsで動作させたい方、高fpsで4K/1440pでプレイしたい方にもおすすめです。このグラボは妥協したくない人に人気があります。

おすすめゲーミングPC

FR GBシリーズ Z490

価格と性能のバランスが良い「フロンティア」が販売するモデルで、最高クラスのスペックを搭載した人気モデルです。

CPUは最新の「Core i9-10900K」、グラボも最新の「RTX3090」を搭載、メモリは文句なしの「32GB」を搭載している最強スペックです。様々なPCゲームを最高設定で144fpsのゲームプレイが可能でしょう。4K/WQHD出力やVRゲームで遊びたい方にもおすすめです。

誰もが羨ましがるハイスペックです。趣味のためならお金は惜しまない人におすすめです。最強スペックなので、対戦ゲームでフレームレートや低遅延により圧倒的優位に立てるため、好成績を残すことができるでしょう。

製品ページ
デスクトップ ゲーミングパソコン
デスクトップ ゲーミングパソコン
FRGBZ490/C(フロンティア)
価格354,800円(税抜)
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUインテル Core i9-10900KF
グラフィックGeForce RTX 3090
メモリ32GB
SSD1TB M.2 NVMe
HDD2TB 3.5インチ S-ATA ハードディスク
特徴ハイエンドクラスのゲーミングPC

Radiant GZ2900Z490

幅広いカスタマイズができる「サイコム」が販売するモデルです。

購入者に合わせて、CPUもグラボもPCケースもカスタマイズできます。カスタマイズできる分、他メーカーよりも価格は高めですが、メーカーを選択できるので安心して購入できます。

「Core i7-10700 」「RTX2080Ti」「メモリ16GB」を搭載すれば、最高設定以上で144fpsのゲームプレイが可能でしょう。4K/WQHD出力やVRゲームで遊びたい方にもおすすめです。

以下のスペックは当サイトがおすすめする構成でカスタマイズした一例です。デフォルトの構成は以下のスペックとは違うので、購入を検討する際は以下のPCパーツを選択してみてください。

製品ページ
デスクトップ ゲーミングパソコン
デスクトップ ゲーミングパソコン
Radiant GZ2900Z490(サイコム)
価格価格の変動が激しいため製品ページでご確認ください
OSWindows10 Home 64bit
CPUIntel Core i7-10700
グラフィックGeForce RTX 2080 Ti 11GB (MSI/ASUS製などを選択可)
メモリ16GB[8GB*2枚] DDR4-2933
SSDCrucial SSD 480GB
HDDTOSHIBA HDD 2TB

LEVEL-R049-LCiX8K-TWXH

総額6億円分還元キャンペーンが実施されている「パソコン工房」が販売するモデルです。

期間限定で「RTX2080S」が搭載されている高性能モデル。CPUは「Core i9-10850K」、メモリは「16GB」が搭載されています。期間限定で「RTX2080S」になっている今が買い時です。

このスペックならば、様々なゲームを高~最高設定で144fpsのゲームプレイが可能でしょう。4K/WQHD出力やVRゲームで遊びたい方にもおすすめです。

こちらのスペックでも対戦ゲームでは相手よりもフレームレートや低遅延により優位に立てるため、好成績を残すことができるでしょう。

製品ページ
デスクトップ ゲーミングパソコン
デスクトップ ゲーミングパソコン
LEVEL-R049-LCiX8K-TWXH(パソコン工房)
価格179,980円(税抜)
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i9-10850K
グラフィックGeForce RTX 2070 SUPER 8GB
メモリ16GB
SSDNVMe対応 M.2 500GB
HDDSerial-ATA 2TB
特徴CPUはCore i9-10850K、メモリは16GBを標準搭載。話題のPCゲームやVRゲームを高画質で楽しむことができ、他プレイヤーよりPC性能で差をつけることができます。

FR GHシリーズ Z490

価格と性能のバランスが良い「フロンティア」が販売するモデルです。

グラボは、ゲーマーに人気の「RTX2070S」を搭載。CPUは「Core i7-10700F」、メモリは「16GB」と全てが満足できるスペックとなっています。SSDは超高速タイプのM.2 NVMeを採用。

このスペックならば、様々なゲームを中~高設定で144fpsのゲームプレイが可能でしょう。WQHD出力やVRゲームで遊びたい方にもおすすめです。

このモデルのPCケースはデザインがいいです。ケース側面は強化ガラスサイドパネルとなっており、PC内部の光を楽しんだり、ほこりの溜まり具合を確認できたりします。また、ケース前面はLEDで光る珍しいケースです。

製品ページ
デスクトップ ゲーミングパソコン
デスクトップ ゲーミングパソコン
FRGHZ490/B(フロンティア)
価格184,800円(税抜)
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUインテル Core i7-10700F
グラフィックGeForce RTX 3070
メモリ16GB
SSD512GB
HDD2TB 3.5インチ S-ATA ハードディスク

SEVEN ZEFT

幅広いカスタマイズができる「SEVEN」が販売するモデルです。1~5営業日で出荷される送料無料パソコン。

こちらもゲーマーに人気の「RTX2070S」を搭載、CPUは「Core i7-10700」、メモリは「16GB」と上のフロンティアのモデルとスペックは似ています。SSDは超高速タイプのM.2 NVMeを採用。

ただストレージ容量は少なめなので、カスタマイズで追加するか、ご自分でHDDを増設することをおすすめします。PCケースもカスタマイズで選択できます。

製品ページ
デスクトップ ゲーミングパソコン
デスクトップ ゲーミングパソコン
ZEFT G16H(SEVEN)
価格181,800円(税抜)
OSWindows10 Home
CPUインテル Core i7-10700K
グラフィックGeForce RTX 3060 Ti
メモリ16GB
SSD500GB

おすすめゲーミング液晶モニター

BenQ ゲーミングモニター ZOWIE フルHD 24インチ

ベンキュー
BenQ FHD 144Hz
25,000 円~(税込)
  • 画面 :24インチ
  • 解像度:1920x1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz (DVI-D、DisplayPort)
  • 応答速度5ms (GTG 1ms)
  • DisplayPort×1、HDMI×1、DVI-D×1

ゲーム向けの機能が多く搭載されたゲーミングモニターです。暗い場面の視認性を高めるBlack eQualizer機能、FPSモードや格闘モードなどのゲームに最適化されたゲームモード機能。

画面に集中できるマットなベゼルデザイン、目の負担を軽減させるフリッカーフリー機能、色の鮮やかさを調整することで、敵を見やすい状態にするColor Vibranceが搭載されています。

Acer ゲーミングモニター Nitro フルHD 23.8インチ

エイサー
Acer FHD 165Hz
25,980 円~(税込)
  • 画面 :24.5インチ
  • 解像度:1920x1080 フルHD
  • パネル:TN、半光沢
  • リフレッシュレート165Hz(オーバードライブ)
  • 応答速度0.6ms (GTG)
  • DVI-D×1 、HDMI 1.4×1、DisplayPort v1.2×1

2020年2月に発売されたモデル。

黒の強弱を調節して、暗がりの視認性を高めるBlack Boost機能、マルチディスプレイ環境で便利のベゼル幅を薄くした「ゼロ・フレームデザイン 」、安定した滑らかなゲーム環境を実現したFreeSync、目に優しいフリッカーレスを搭載。

ASUSゲーミングモニター フルHD 24.5インチ

エイスース
ASUS FHD 165Hz
28,048 円~(税込)
  • 画面 :24.5インチ
  • 解像度:1920x1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz(DVI), 165Hz(DP)
  • 応答速度0.5ms (GTG)
  • HDMI 1.4, DVI-D, DisplayPort 1.2

2019年4月発売モデル。0.5msの応答速度、165Hzのリフレッシュレートと他の液晶モニターよりも少し高性能です。

そして、G-SYNC Compatible/AMD FreeSync(Adaptive-Sync)にも対応。入力遅延を極限まで抑えるGameFast入力技術、遊ぶゲームジャンルに合わせて最適な色調やコントラストなどを選択できるGameVisual機能も搭載されています。

I-O DATA ゲーミングモニター ディスプレイ フルHD 23.6型

アイオー ギガクリスタ
I-O DATA FHD 144Hz
25,600 円~(税込)
  • 画面 :23.6インチ
  • 解像度:1920x1080 フルHD
  • パネル:TN ノングレア
  • リフレッシュレート144Hz (HDMI-1、Display Port)
  • 応答速度0.6ms (GTG/オーバードライブ)
  • HDMI×3/DisplayPort×1

暗いシーンに隠れた敵もより鮮明に映し出すことができる「Night Clear Vision」を搭載。暗闇に隠れた敵や微妙な変化を見逃さず、ゲームを満喫することができます。

最大144Hzの高速リフレッシュレート対応。また、オーバードライブ機能搭載で応答速度0.6msを実現。特に、FPSなどのスピード感あふれるゲーム等に最適です。

スルーモード機能で内部フレーム遅延をわずか約0.05フレーム(約0.35ミリ秒)まで短縮。動きの速いゲームでは、操作と表示のズレが少なく、威力を発揮します。

ASUS TUF Gaming ゲーミングモニター WQHD 27インチ

液晶ディスプレイ
ASUS WQHD 165Hz
48,000 円~(税込)
  • 画面 :27インチ
  • 解像度:2560×1440 WQHD
  • パネル:IPS
  • リフレッシュレート165Hz
  • 応答速度1ms MPRT

ASUSのゲーミングブランド「TUF」のモニターです。GeForceグラフィックカード対応のAdaptive-Syncテクノロジーと、AMD Radeonグラフィックカード対応のFreeSyncテクノロジー両方をサポート。

画像の暗い部分をはっきりさせ、明るい部分を過度に露出せずに全体を明るくするShadow Boostも搭載。さらに、1ms (MPRT)の高速応答速度とモーションブラーやティアリングを除去できるASUS独自の「Extreme Low Motion Blur」、入力遅延を極限まで抑えるGameFast入力技術も採用されています。

おすすめ液晶モニターは、ゲーミングモニター144Hz駆動のおすすめ人気ランキングでも紹介しています。

また、対戦PCゲームで勝つにはゲーミングマウスも重要です。ゲーム向けおすすめデバイスでゲーミングマウスやキーボードなどを紹介しているので、よろしければご覧ください。

条件からパソコンを選ぶ

パソコン関連記事