Sycom(サイコム)のおすすめカスタマイズを紹介!PCパーツ選びや構成を解説

サイコム

初めてBTO PCを購入するには少し難しいPCパーツのカスタマイズをわかりやすく紹介します。

Sycom(サイコム)でパソコンを購入する際の「コスパの高いグラボは?」「メモリやHDDの容量は?」「SSDは必要?」「マウス、キーボード、モニタは?」などPCパーツに関して初心者にもわかるように解説していきます。

サイコム BTO PC カスタマイズ

特に希望するメーカーやパーツがない方はカスタマイズせずに購入しても問題ありません。自分の用途に合わせて、PCスペックをカスタマイズすることで、パソコン価格やスペックを最適な構成にすることができます。

サイコムでは、製品ページに設置されている「カスタマイズ・お見積り」というボタンをクリックすることでPCカスタマイズの項目が表示されます。

見積もり

カスタマイズ:基本パーツ

今回は、サイコムが推しているゲーミングPC「G-Master Spear Z370」を例にカスタマイズ内容を紹介します。ゲーム用としてのおすすめスペックです。

他のモデルでもカスタマイズ項目はほとんど同じですので、参考にしてみてください。特に解説していないパーツはデフォルトで全く問題ありません。

CPU

  • Intel Core i7-8700 [3.20GHz/6Core/TDP65W] Coffee Lake
  • Intel Core i7-8700K [3.70GHz/6Core/TDP95W] Coffee Lake
  • Intel Core i7-8086K [4GHz/6Core/TDP95W] CoffeeLake

4年以上戦えるパソコンにするために、「i7-8700」以上を選択しましょう。i7-8700Kとi7-8086Kは価格は高いですが、ゲーム用途として使うにはあまり大差はありませんので、「i7-8700」で十分だと思います。

CPUグリス

  • Arctic Silver AS-05 [高密度微粒子、高熱伝導率タイプ]
  • Noctua NT-H1 [マイクロ粒子ハイブリッド化合物、高熱伝導率タイプ]

CPUグリスはCPUとCPUファンとの間に塗るゼリー状のものです。熱伝導率が高いグリスほど、CPUクーラーに効率良く熱が伝わりますのでデフォルト以外を選択することでPCの寿命が延びるはずです。

一番売れている「Arctic Silver AS-05」を選択するのが無難でしょう。

CPUファン

  • インテル純正 CPUクーラー [空冷/CPUファン]
  • ENERMAX ETS-T40F-TB[空冷/CPUファン]
  • CoolerMaster Hyper 212EVO RR-212E-20PK-J1 [空冷/CPUファン]
  • CoolerMaster Hyper 212X RR-212X-20PM-J1 [空冷/CPUファン]
  • MSI Core Frozr L [空冷/CPUファン]
  • Noctua NH-D9L [空冷/CPUファン]
  • Noctua NH-U12S [空冷/CPUファン]
  • Noctua NH-U14S [空冷/CPUファン]

太字にしている3種がおすすめです。デザインの好みや価格で選ぶといいでしょう。デザインはカスタマイズページのパーツ名の横にある「?」をクリックすると表示されます。

3種の中で一番安いのが「ENERMAX ETS-T40F-TB」、一番評価が高いのが「CoolerMaster Hyper 212X」、人気メーカー&良デザインで一番売れているのが「MSI Core Frozr L」です。

マザーボード

  • ASRock Z370 Pro4 [Intel Z370chipset]
  • ASRock Z370 Extreme4 [Intel Z370chipset]
  • ASRock Fatal1ty Z370 Gaming K6 [Intel Z370chipset]
  • ASRock Z370 Taichi [Intel Z370chipset]
  • MSI Z370 GAMING PLUS [Intel Z370chipset]
  • MSI Z370 GAMING PRO CARBON [Intel Z370chipset]
  • ASUS PRIME Z370-A [Intel Z370chipset]
  • ASUS ROG STRIX Z370F GAMING [Intel Z370chipset]

マザーボードも選択できるのがサイコムの魅力。デフォルトでも問題ありませんが、人によっては物足りないかもしれません。好みのデザインや予算、以下の内容を参考にして選ぶといいでしょう。

メーカー

ASUS、ASRock、MSI、GIGABYTEが安定で動作するため人気です。

拡張スロット

PCI-Eスロット(x1/x4/x8/x16)はサイズと転送速度の違いがあります。サイズはx16でも、転送速度はx4/x8しかでなかったりします。また、大きいサイズのスロットには小さいサイズのPCI-Eカードを挿すことができます。

  • PCI-E x16:グラボを挿すために1つ消費します。予備でもう1つ欲しいので最低2つ
  • PCI-E x4:最大40GbpsのM.2 SSDスロットなどを搭載できます。あってもなくてもいいです。
  • PCI-E x1:USBポートやキャプチャーボードなどを搭載できます。最低3つぐらいあればいいのではないのでしょうか。
  • PCIスロット:ここ数年、PCI スロットを搭載しているマザーボードも対応製品も減っています。PCI スロットからPCI Express(PCI-E)に移行しているからです。そのため、なくても問題ありません。
  • M.2スロット:超上級者が使用するスロットです。デメリットもあるので、普通の方は利用しません。

PCI-Eスロットは配置されている位置も重要です。例えば、PCI-E x16にグラボを挿した場合、そのすぐ下のPCI-E x1にPCI-Eカードを挿すと、グラボの冷却効率が悪くなるため、使うべきではありません。なので、配置されている分使えるというわけではないのです。

背面ポート

USB端子の形状がType-AなのかType-Cなのかは変換アダプタなどで簡単に対処できるので、USBのバージョンと数に注意しましょう。

USB2.0でないと不安定になるPC周辺機器があったりするので、最低2つは欲しいです。USB3.1は2~4つぐらい。合計6個ぐらいあればいいのではないのでしょうか。

USB3.1には、Gen 1とGen 2という世代があります。将来的に使うことになるかもしれないので、最新のUSB3.1 Gen 2は1つ欲しいところです。

メモリ

  • 8GB[4GB*2枚] DDR4-2400 [メジャーチップ・8層基板]
  • 16GB[8GB*2枚] DDR4-2400 [メジャーチップ・8層基板]
  • 32GB[16GB*2枚] DDR4-2400 [メジャーチップ・8層基板]
  • 64GB[16GB*4枚] DDR4-2400 [メジャーチップ・8層基板]

一般的には8GBで問題ありません。ですが、今後PCゲームは10GB以上が推奨スペックになる可能性がありますし、ブラウザやSkypeなどゲーム以外のソフトを起動すると8GBではきついです。ですので、できれば16GBの搭載をおすすめします。

SSD/HDD

  • Crucial ~
  • Intel ~
  • WD ~
  • CFD ~
  • Samsung ~

OSをインストールするメインストレージを選択します。SSDを搭載し、SSDにOSをインストールしていると、PCの起動が高速になります。SSDにゲームをインストールすると、ロード速度が早くなります

SSDはメーカーと容量、予算を基準にお選びください。メーカーは上記5種、容量は250GB~500GBの搭載をおすすめします。余裕があるなら1TB以上を搭載してみてはいかがでしょうか。

増設 SSD/HDD 2

  • TOSHIBA DT01ACA200 [2TB 7200rpm 64MB]
  • TOSHIBA DT01ACA300 [3TB 7200rpm 64MB]
  • TOSHIBA MD04ACA400 [高信頼 4TB 7200rpm 128MB]
  • TOSHIBA MD04ACA500 [高信頼 5TB 7200rpm 128MB]
  • TOSHIBA MD05ACA800 [高信頼 8TB 7200rpm 128MB]
  • Western Digital WD10EZRZ [1TB 64MB 省電力]
  • Western Digital WD20EZRZ [2TB 64MB 省電力]
  • Western Digital WD30EZRZ [3TB 64MB 省電力]

メインストレージにSSDを選択した方は容量が少ないため、同時にHDDも搭載するのが一般的です。メーカーは東芝Western Digitalを選択、回転速度は5400rpmがおすすめです。

HDDの容量は最低2TB。実況プレイ動画などを保存する方は3TB以上を搭載しておきましょう。「増設 SSD/HDD 3 (3台目)」は不要です。

光学ドライブ

  • DVD; ASUS DRW-24D5MT+ 書込みソフト(標準)
  • Blu-ray; LG BH14NS58+ソフト
  • Blu-ray; LG BH16NS58+ソフト
  • Blu-ray; ASUS BW-16D1HT PRO+ソフト
  • Blu-ray; Pioneer BDR-209BK/WS2+ソフト
  • Blu-ray; Pioneer BDR-211JBK ※UHDでの動作は未確認

DVDドライブを搭載しておけば基本問題ないと思います。レンタルしたBDをPCで視聴したい場合はブルーレイドライブを選択しましょう。

ビデオカード

  • GeForce GTX1060 6GB GIGABYTE製 GV-N1060IXOC-6GD
  • GeForce GTX1060 6GB MSI製 GeForce GTX1060 ARMOR 6G OC V1
  • GeForce GTX1060 6GB ASUS製 STRIX-GTX1060-DC2O6G
  • GeForce GTX1060 6GB MSI製 GeForce GTX1060 AERO ITX 6G OC
  • GeForce GTX1070 8GB MSI製 GEFORCE GTX1070 ARMOR 8G OC
  • GeForce GTX1070Ti 8GB ASUS製 TURBO-GTX1070Ti-8G
  • GeForce GTX1070Ti 8GB ASUS製 ROG-STRIX-GTX1070TI-A8G-GAMING
  • GeForce GTX1080 8GB Galax製 GeForce GTX1080 EXOC-SNPR WHITE
  • GeForce GTX1080 8GB MSI製 GeForce GTX1080 ARMOR 8G OC
  • GeForce GTX1080 8GB ASUS製 STRIX-GTX1080-A8G-GAMING
  • GeForce GTX1080Ti 11GB MSI製 GeForce GTX 1080Ti GAMING X 11G
  • GeForce GTX1080Ti 11GB ASUS製 TURBO-GTX1080TI-11G
  • GeForce GTX1080Ti 11GB MSI製 GeForce GTX1080Ti ARMOR 11G OC
  • GeForce GTX1080Ti 11GB ELSA製 ELSA GeForce GTX 1080 Ti 11GB S.A.C

太字がおすすめの製品。グラボのメーカーは、MSI・ASUS・ZOTAC・EVGAがおすすめです。GTX1060はコスパの高いグラボとして、ミドルゲーマーに人気があります。PCゲームを高頻度で遊ぶゲーマーはGTX1070以上を搭載している人が多いです。

ケース

  • CoolerMaster CM690III

標準ケースが気に入らないなら変更しましょう。特に気にしないならそのままで問題ありません。PCケースによって、デザイン・前面USBポートの位置と数・側面パネルの開け方などが異なります。あと、側面部分をクリアパネルにすると、中が見やすくなります。

ケースオプション

  • なし(標準)
  • 内部LED発光システム (LED ILLUMINACION 切り替えリモコン付属)

PCケースの側面部分をクリアパネルにすると、内部をLEDで光らせることのできるオプションです。光らせると満足感が得られます。光っているPCは眺めたくなるものです。作業料金と商品代金で約2,500円はお得です。

電源

  • Antec NeoECO NE650C [650W/80PLUS Bronze]-3,950円
  • Antec NeoECO NE650 GOLD [650W/80PLUS Gold]-1,370円
  • Corsair RM550x (CP-9020090-JP) [550W/80PLUS Gold]
  • Corsair RM650x (CP-9020091-JP) [650W/80PLUS Gold]
  • Corsair RM750x (CP-9020092-JP) [750W/80PLUS Gold]
  • Corsair RM850x (CP-9020180-JP) [850W/80PLUS Gold]
  • Corsair HX750i [750W/80PLUS Platinum]
  • Corsair HX850i [850W/80PLUS Platinum]
  • Seasonic SSR-650FM [650W/80PLUS Gold]
  • Seasonic SSR-750FM [750W/80PLUS Gold]
  • Seasonic SS-660XP2S [660W/80PLUS Platinum]

一般的にメーカーは「Corsair、Seasonic、ANTEC、オウルテック」が安定とされており、人気があります。電源容量はグラボに合わせて選択するといいでしょう。

GTX1050~GTX1060を搭載する場合、500W~600Wを選択、GTX1070~GTX1080を搭載する場合、600W~700Wを選択、GTX1080Tiを搭載する場合、700W以上を選択しましょう。

カスタマイズ:OS・ソフトウェア

OS

  • Microsoft(R) Windows10 Home (64bit) DSP版(標準)
  • Microsoft(R) Windows10 Pro (64bit) DSP版

パソコンのシステムソフトウェアとなります。「Pro」か「Home」を選ぶことになるわけですが、どちらを選んでもゲームの快適さに影響するわけではありません。「Pro」にはPC上級者向けの機能が搭載されているので、その機能を使いたい方が選ぶOSです。

オフィスソフト

  • なし
  • Microsoft(R) Office Personal Premium プリインストール版
  • Microsoft(R) Office Home and Business Premium プリインストール版
  • Microsoft(R) Office Personal 2016 プリインストール版
  • Microsoft(R) Office Home and Business 2016 プリインストール版
  • Microsoft(R) Office Professional 2016 プリインストール版

パソコン本体と同時に購入するプリインストール版は、後から購入するオフィスより1万円程度安くなります。「Premium」が付いている商品を選ぶと、PCが壊れるまでならオフィスがバージョンアップしても無料でアップデートすることができます。

カスタマイズ:周辺機器・その他

キーボード

  • なし
  • Corsair K55 RGB (CH-9206015-JP)

ゲーミングキーボードは、普通のキーボードよりも耐久性があったり、キーの同時押しにも対応しています。また、ショートカットキーが複数配置されているキーボードは、MMORPGやFPSでも便利に利用できます。

ただ、サイコムでPCと同時に買うキーボードは少し高いようなので、Amazonで買ったほうがいいかもしれません。

ゲーミングキーボードにこだわるならおすすめゲーミングキーボード紹介ゲーミングキーボード人気ランキングを参考にしてみてください。

マウス

  • なし
  • Logicool G300s Optical Gaming Mouse
  • Razer DeathAdder Elite

FPSゲームをするなら、ゲーミングマウスは絶対に購入しましょう。Logicool G300sが低価格でおすすめですが、サイコムでは高いのでAmazonで買うと約1,900円で購入できます。

ゲーミングマウスを使うことで、AIMの精度が変わってきます。人気ゲーミングマウスのメーカーは「Logicool」「Razer」「SteelSeries」です。おすすめゲーミングマウス紹介ゲーミングマウス人気ランキングを参考にどうぞ。

マウスパッド

  • なし
  • SteelSeries Qck mini
  • SteelSeries Qck

「SteelSeries Qck」「SteelSeries Qck mini」はゲーミングマウスパッドの定番商品となっています。マウスパッドに関してはAmazonとあまり価格は変わらないようです。マウスパッド人気ランキングも参考にどうぞ。

ヘッドセット

  • なし

PCゲームで音の方向を聞くのにサラウンドヘッドホン(ヘッドセット)は重要です。ヘッドホンにお金をかけることで、敵がどの方向に居るのかが音でわかります。LOGICOOL G430SteelSeries Arctis 5 Black 61443がおすすめです。

ディスプレイ

  • なし
  • ASUS VE248HR [24型ワイド/D-Sub/DVI/HDMI]

液晶モニターの最適なインチ数は24型です。液晶に関してもAmazonとあまり価格は変わらないようです。PCでFPSゲームをするならゲーミングモニターは重要です。ゲーミングモニター144Hz駆動のおすすめでも紹介しています。

延長保証

  • 希望しない
  • 希望する(プラス2年)

サイコムの延長保証です。お好みでどうぞ。「希望しない」を選択しても無料で保証は1年間ついてきます。あまりPC知識がなく、不安な場合は「希望する」を選択すると無料1年、追加2年で合計3年保証を受けることができます。

ガレリア XV
ガレリア XV
GeForce GTX1070Ti 8GB
ガレリア XT
ガレリア XT
GeForce GTX1060 6GB
ガレリア ZZ
ガレリア ZZ
GeForce GTX1080 Ti 11GB
GTX1070
MSI GeForce GTX 1070 GAMING X 8G
GTX1060
MSI GeForce GTX 1060 GAMING X 6G
GTX1080
GIGABYTE GTX 1080 GV-N1080G1

パソコン関連記事