USB接続のおすすめ定番ゲームキャプチャー(外付け)を紹介!公式ソフトの特徴や違いなど

キャプボ

PS4やNintendo Switchなどのゲーム機でパソコン画面に取り込むゲームキャプチャー。様々な製品が登場していますが、どれを購入すればいいのかわからないという方に、人気で定番のゲームキャプチャーを紹介します。

接続方法の違い

USB2.0接続

取り扱いがしやすいタイプです。古いパソコンでも接続が可能で、安定した動作が期待できます。PC画面の出力には遅延があっても問題ないような方向けです。

この接続タイプの場合、通常はゲームキャプチャに搭載されている「パススルー機能」を使用して、テレビを見ながらプレイします。USB3.0端子に接続するのではなく、USB2.0端子に接続します。

USB3.0接続

PC画面への出力も低遅延なのが特徴です。PC画面を見ながらプレイしたい場合はUSB3.0接続タイプにしましょう。ですが、少なからず遅延は発生しますので、アクションゲームなどの高速な操作には不向きです。

ゲームキャプチャに搭載されている「パススルー機能」を使用して、テレビを見ながらプレイすることで遅延問題は解決できます。ただ、この接続タイプの場合、PC環境によっては動作が安定しない場合があります。

PCI Express接続

マザーボードに接続するPC内蔵タイプでキャプチャーボードと呼ばれています。グラボと干渉しないか注意が必要です(グラボが邪魔で挿せない場合があります)。

この接続タイプの場合も、PC環境によっては動作が安定しない場合があります。

おすすめ定番ゲームキャプチャー(1080p/フルHD)

AVT-C875

キャプチャーボード

今一番売れているゲームキャプチャーでコスパも高いです。最大品質1080p/30fpsで録画が可能でPC画面への出力は比較的低遅延です。ですが遅延は0.45秒程度なので、パススルー機能というものを使用し、テレビを見ながらプレイすることになります。

  • 価格:約14,000円(税込)
  • 最大品質:1080p/60fps (録画:1080p/30fps)
  • 対応OS:Windows 10/8.1/7 (32bit/64bit)、MacOS X 10.9以降
  • 推奨CPU:Core2 Duo 2.8 GHz/DirectX10 GPU以上
  • PC接続:USB2.0
  • パススルー出力対応
  • H.264ハードウェアエンコーダー搭載
  • PC不要の単体録画モード搭載

キャプチャーソフトは公式ソフトとして「RECentral」が用意されています。また、アマレコTV3.1、OBS、NLEも利用することができます。外部キャプチャーソフトを使用する場合、公式ソフト「Stream Engine」をインストールする必要があります。

本製品は1080p/60fps映像の入出力は可能ですが、録画は1080p/30fpsとなります。60fpsを希望する場合、720p/60fpsで録画する必要があります。

対応ゲーム機(公式)

HDMI接続
PS4、PS4 Pro、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox One S、Xbox 360、Wii U、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ iPhone、iPad、iPod touch

コンポーネント接続時
PS3、PS2、PSP、Wii

※PS4 Proなどの「4K解像度の表示/録画/配信」には対応していません。最大入出力解像度は「1080p」までとなっています。HDRにも非対応です。4K入力は最上位版のAVT-C878 PLUSが対応しています。
※iOSデバイスの録画はPC必須です。iOSデバイスとの接続には、別売りのApple製純正Digital AVアダプタ(HDMI変換アダプタ)が必要です。

公式ソフト「RECentral」

アマレコTVよりも設定が簡単で初心者向けのわかりやすいUIとなっています。便利な機能として「タイムシフト機能」というものがあります。録画ボタンを押していなくても最大1時間前まで戻して録画できるという機能です。

この機能があれば、必要な部分だけ録画できるので見返す時が楽になりますし、無駄に容量を消費しません。また、録画ボタン押してなかったという時も安心の機能です。

AVT-C878

AVTC878

AVT-C875の上位版で1080p/60fpsで録画が可能です。それだけでなく、より高機能な公式キャプチャーソフト「RECentral 4」(Windowsのみ)を利用することができます。PC画面への遅延は0.18秒程度。

  • 価格:約18,000円(税込)
  • 最大品質:1080p/60fps
  • 対応OS:Windows 10/8.1/7 (32bit/64bit)、MacOS X 10.9以降
  • 推奨スペック:i5-3330/GTX650以上
  • PC接続:USB2.0
  • パススルー出力対応
  • ハードウェアエンコード
  • PC不要の単体録画モード搭載

対応ゲーム機(公式)

HDMI接続
PS4、PS4 Pro、Nintendo Switch、Xbox One、Xbox One S、Xbox 360、Wii U、ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ、iPhone、iPad、iPod touch

※PS4 Proなどの「4K解像度の表示/録画/配信」には対応していません。最大入出力解像度は「1080p」までとなっています。HDRにも非対応です。4K入力は最上位版のAVT-C878 PLUSが対応しています。
※iOSデバイスとの接続には、別売りのApple製純正Digital AVアダプタ(HDMI変換アダプタ)が必要です。

公式ソフト「RECentral 4」

本ソフトの対応はWindowsのみ。Macでは外部ソフトを使用する必要があります。「RECentral 4」では、AVT-C875でも利用できるタイムシフト機能録画に加え、ライブ編集機能が搭載されました。録画された不要な部分をカットすることができます。

Live Gamer EXTREME GC550

GC550

USB3.0接続の1080p/60fpsで録画が可能なゲームキャプチャーです。より高機能な公式キャプチャーソフト「RECentral 4」(Windowsのみ)を利用することができ、PC画面への出力もほぼ遅延なしです。USB3.0接続を希望するならおすすめの商品です。

  • 価格:約22,000円(税込)
  • 最大品質:1080p/60fps
  • 対応OS:Windows 10/8.1/7 (32bit/64bit)
  • 推奨スペック:i5-4440/GTX660以上
  • PC接続:USB3.0
  • パススルー出力対応
  • ハードウェアエンコード(RECentral 4のみ)

接続端子は「USB3.0」のみです。USB2.0には対応していません。

対応ゲーム機(公式)

HDMI接続
PS4、PS4 Pro、Nintendo Switch、 Xbox One、Xbox One S、Xbox 360、Wii U、 ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン、 ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

コンポーネント接続時
PS3、PS2、PSP、Wii

※PS4 Proなどの「4K解像度の表示/録画/配信」には対応していません。最大入出力解像度は「1080p」までとなっています。HDRにも非対応です。4K入力は最上位版のGC550 PLUSが対応しています。
※iOSデバイスとの接続には、別売りのApple製純正Digital AVアダプタ(HDMI変換アダプタ)が必要です。

公式ソフト「RECentral 4」

本ソフトの対応はWindowsのみ。「RECentral 3」では、AVT-C875でも利用できるタイムシフト機能録画に加え、ライブ編集機能が搭載されました。録画された不要な部分をカットすることができます。

MonsterX U3.0R (SK-MVXU3R)

MonsterX U3.0R

USB3.0接続でほぼ遅延無しでプレイ可能です。比較的安価で1080p/60fpsでの録画が可能なゲームキャプチャーデバイスです。USB3.0接続を希望するなら選択肢に入る商品です。ソフトウェアエンコードが採用されているため、ハードウェアエンコード製品よりもPCに負荷がかかります。

  • 価格:約16,000円(税込)
  • 最大品質:1080p/60fps
  • 対応OS:Windows 10/8.1/7 (32bit/64bit)
  • 推奨CPU:Core i5 2.4GHz/グラボ必須
  • PC接続:USB3.0
  • パススルー出力対応
  • ソフトウェアエンコード

キャプチャーソフト

公式ソフトは一応用意されていますが、特別な機能は特にありません。ですので、録画時はアマレコTVなど、配信時はOBSやNLEなどを使用します。

Elgato Game Capture HD60/HD60S

HD60 HD60S

低価格で高機能ということで一部で人気の製品です。公式の動作環境では最新OSにしか対応していないので注意してください。最低限のサポートしかないため、あまりおすすめしませんが人気商品なので一応紹介。

  • 価格:約17,150円/約18,400円(税込)
  • 最大品質:1080p/60fps
  • 対応OS:Windows 10 (64bit)、Mac OS
  • PC接続:USB2.0/USB3.0
  • パススルー出力対応
  • ハードウェアエンコード

公式ソフト「Game Capture HD」

本製品は公式ソフトしか利用できませんが、それなりの機能は搭載されています。録画していなくても過去の映像をさかのぼれる「Flashback録画機能」や簡易的な編集ができる機能などを搭載。配信は「Game Capture HD」経由でOBSやXSplitを使用することはできます。

おすすめ定番ゲームキャプチャー(4K録画)

Live Gamer Ultra GC553

GC553

USB3.1接続の製品で、4K/60fps入力と4K/30fps録画に対応しています。フレームレートを重視する場合は、1080p/120fpsでも録画が可能です。より高機能な公式キャプチャーソフト「RECentral 4」(Windowsのみ)を利用することができ、PC画面への出力もほぼ遅延なしです(約0.11秒)。

  • 価格:約32,400円(税込)
  • 最大入力:4K/60fps HDR
  • 最大録画:4K/30fps, 1080p/120fps, 1080p/60fps HDR
  • 対応OS:Windows 10 (64bit)
  • 推奨スペック:i7-7XXX/GTX1060以上
  • PC接続:USB3.1 Gen1 / USB3.0
  • 4K HDRパススルー出力対応
  • ソフトウェアエンコード

公式ソフト「RECentral 4」

本ソフトの対応はWindowsのみ。「RECentral 4」では、AVT-C875でも利用できるタイムシフト機能録画に加え、ライブ編集機能が搭載されました。録画された不要な部分をカットすることができます。

まとめ

  • 低価格、安定した動作を希望 → AVT-C875
  • お金に余裕がある、高機能を希望 → AVT-C878
  • 低遅延、低価格を希望 → MonsterX U3.0R
  • 4K/30fps録画を希望 → GC553

パソコン関連記事