セール中のFRONTIERパソコンが安い理由・モデルシリーズの紹介

格安PC

人気のあるBTO PCメーカー「FRONTIERダイレクト」は、台数限定セール期間限定セールを開催しています。

非常に安い価格で販売されていますが、その理由を考えてみました。記載している内容は個人的な予想のため、間違っている可能性があります。

セール中のFRONTIERパソコンが安い理由

アウトレット商品

全てではないですが、一部はアウトレット商品として販売されています。アウトレットとして提供されている場合、商品ページに「アウトレット」と記載されているので確認してみてください。

アウトレットと言っても理由は様々です。PCケースに傷ありとなっていたり、展示品だったモデルだったり、返品されたモデルだったりという訳ありで、完全な新品ではないパソコンです。

光学ドライブがオプション

こちらも全てではないですが、光学ドライブがオプションとなっているモデルが多いようです。デスクトップPCの場合、デフォルトで光学ドライブが搭載されているのが一般的ですが、セール対象品ではオプションがほとんどです。

カスタマイズで、4,000円~7,000円程度の追加費用で、DVDドライブやBDドライブを追加することはできます。

カスタマイズが最小限

セール品は台数限定で販売されているため、多くのモデルはまとめて組み立てることでコストを削減しているものと思われます。そのためか、カスタマイズで変更できる場所は最小限になっています。

多くのパーツは変更できますが、選択肢は少なくなっており、一部モデルを除いて、電源ユニットは変更することができないようです。

出荷が遅い

おそらく、一定期間ごとにまとめて組み立てることでコストを削減し、低価格でPCが提供されています。そのためか、出荷は10日後とかになっています。

出荷予定日は、注文前のカスタマイズ画面の右側に表示されています。

まとめ

セール対象品の多くは、カスタマイズ幅が小さく、出荷までが遅いというのが特徴です。これらを妥協すれば、安くパソコンを購入することができます。

いろいろと探ってみると、コスト削減&台数限定によって低価格でパソコンが販売されているようです。壊れやすいパーツを使っているから安いということではありませんので、その点は安心です。

カスタマイズに不満がある場合は自分で後から変更することもできます。出荷が遅いのは最初だけ我慢すれば完璧です。

セールで販売されているモデル

GBシリーズ

gb

大幅に拡張できるフルタワーモデルです。PCケースの高さは533mmと大きくなっているため、望むなら超高性能なパソコンに仕上げることができます。マザーボードはASUS製です。

GAシリーズ

ga

一般的な拡張が可能なミドルタワーモデルです。PCケースの高さは423mmで、多くの人におすすめできるモデルです。GEシリーズとの違いはPCケースの種類です。マザーボードはASUS製です。

GEシリーズ

GE

一般的な拡張が可能なミドルタワーモデルです。PCケースの高さは440mmで、多くの人におすすめできるモデルです。GAシリーズとの違いはPCケースの種類です。

MXシリーズ

MX

最低限の拡張しかしない人向けのミニタワーモデルです。PCケースの高さは356mmとなっており、PC性能はPCゲーム入門者向けとなっています。その分価格は控えめです。

パソコン関連記事