2020年版おすすめエントリーモデルのおすすめゲーミングPC!15万以下で購入できるパソコン

エントリーモデル

比較的安いゲーミングPCが欲しい方、とりあえずゲーミングPCが欲しい方向けに約15万円以下で購入できるおすすめエントリーモデルを紹介します。

エントリーモデルとは

ゲーミングPCのエントリーモデルとは、ゲーミングPC初心者向け・入門者向けの低価格なモデルのことです。ゲーミングPCがとりあえず欲しい方や価格を抑えたゲーミングPCが欲しい方におすすめとなっています。

エントリーモデルと言っても普通のパソコンよりも高スペックです。低価格なゲーミングPCでも様々なことができますので、初めてゲーミングPCを購入する方はエントリーモデルでも全然問題ないと思います。

ゲーミングPCは予算に合わせてカスタマイズ可能

ゲーミングPCは、ネット通販サイトを利用して購入するのが主流で、BTO形式で販売されています。BTOとは”Build To Order (ビルド・トゥ・オーダー)”の略で「受注生産」を意味します。

そのため、購入者はPCパーツをカスタマイズで不要なパーツを削除したりすることで、ゲーミングPCの購入価格を下げることもできます。PCショップは注文後にゲーミングPCを組み立て、その後出荷されます。

ゲーミングPCを販売する人気ショップ

FRONTIER価格と性能のバランスが良い
マウスコンピューターBTOパソコンの老舗
パソコンショップSEVEN出荷が早め&送料無料
サイコム幅広いカスタマイズが可能
パソコン工房BTOパソコンの老舗

約15万円以下で購入できるスペック

エントリーモデルのゲーミングPCは約15万円以下です。約15万円以下で購入できるスペックは、だいたい以下のような構成となります。

CPUCore i5-10400 / i7-10700F
グラボGTX 1650 / GTX 1660 / GTX 1660 SUPER
メモリ8GB / 16GB
ストレージ500GB~1.5TB

エントリーモデルのPCスペックでは、4K出力、WQHD出力、VRゲームは難しく、重いPCゲームもプレイできない可能性があります。ただ、CPU以外は初心者でも簡単に交換することができるので、お金に余裕が出来たときにパーツだけ交換するのも一つの選択肢です。

CPUは簡単に交換することができないので、できるだけ性能が高いほうがいいです。i7-9700以上の搭載をおすすめします。

メモリは最低8GBを搭載していないとPCゲームはまともにプレイできません。できれば、16GBの方がいいですが、メモリは初心者でも簡単に交換できるので、後からでも問題ありません。

グラボも簡単に交換できますが、グラボは高価なパーツです。慎重に検討し、後悔しない選択をしましょう。

エントリーモデルのできること

エントリーモデルのPCスペックでは、インディーゲーム2Dゲームを快適にプレイすることができます。重い3Dゲームは最低設定で遊べるゲームもあります。

エントリーモデルと言っても、PCとしては性能が高いです。PCゲーム以外にも、ネットサーフィンやオフィスソフトでの作業、イラストや漫画を描いたり、写真編集も快適に行えます。メモリ16GB搭載すれば、Adobeソフトや動画編集も快適に行えるでしょう。

PS5、PS4、Nintendo Switchのゲーム実況配信をしたり、大画面で動画を見たり、プログラムの勉強したり、副業したりもできます。

あと、パソコンはマルチタスクができます。動画を見ながらネットサーフィンしたり、複数人のライブ配信を同時に見たり、複数のWEBサイトを開いて調べ物したりなど、効率よくPC作業ができます。

おすすめエントリーモデル

約14万円のデスクトップPC

エントリーモデルの中で比較的高性能なモデルです。

CPUは高性能な「Core i7-10700F」、グラボは「GTX 1660 SUPER」、メモリは安心の「16GB」を搭載しています。

また、インテルH470チップセットというミドルレンジのマザーボードが搭載されており、PCケースは大きめなので、後々PCパーツをアップグレードしやすいモデルとなっています。

さらに、SSDは超高速タイプを搭載しているため、PC起動やソフトの動作、ゲームのロード速度などが高速になります。

製品ページ
デスクトップ ゲーミングパソコン
デスクトップ ゲーミングパソコン
FRGAH470F/B/NTK(フロンティア)
価格119,800円(税込)
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUインテル Core i7-10700F
グラフィックGeForce GTX 1650 4GB512GB M.2 NVMe 1TB 3.5インチ S-AT
メモリ16GB
SSD512GB
HDD1TB 3.5インチ S-ATA ハードディスク

約12万円のデスクトップPC

CPUは高性能な「Core i7-10700F」、グラボは「GTX 1650」、メモリは安心の「16GB」を搭載しているモデルです。

PCケースはゲーミングPCとしては小さめなので、拡張性はそこまで期待できませんが、小さいサイズのグラボなら、お金の余裕ができた時に交換することもできます。

また、SSDは超高速タイプを搭載しているため、PC起動やソフトの動作、ゲームのロード速度などが高速になります。

製品ページ
デスクトップ ゲーミングパソコン
デスクトップ ゲーミングパソコン
FRGXB460/B(フロンティア)
価格116,800円(税込)
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUインテル Core i7-10700F
グラフィックGeForce GTX 1650
メモリ8GB
SSD512GB
HDD1TB 3.5インチ S-ATA ハードディスク

約10万円のデスクトップPC

エントリーモデルの中でも価格が抑えられているゲーミングPCです。

CPUは高性能な「Core i5-10400」、グラボは「GTX 1660 SUPER」、メモリは「8GB」を搭載しています。重いゲームは遊ぶつもりがない人向けです。

PCケースは前面が光り、サイドパネルは強化ガラスを採用。PCパーツの光を楽しんだり、ファンが正常に稼働しているか確認したり、ホコリの溜まり具合を確認したりできます。

また、SSDは超高速タイプを搭載しているため、PC起動やソフトの動作、ゲームのロード速度などが高速になります。

製品ページ
デスクトップ ゲーミングパソコン
デスクトップ ゲーミングパソコン
FRGKB460/A(フロンティア)
価格109,800円(税込)
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUインテル Core i5-10400F
グラフィックGeForce GTX 1660 SUPER
メモリ8GB
SSD512GB
HDD無し

約11万円のノートPC

「Core i7-10750H」「GTX 1650」「メモリ8GB」を搭載したエントリーモデルのゲーミングノートPCです。

ノートPCなので、家の中でも外でも、持ち運んでネットサーフィンやゲームなどができます。短期間の旅行や出張が多い方にもサブPCとしておすすめです。

重さは1.987kg、サイズは幅359.5×奥238×高21.9mmとなっています。長時間作業しても目の疲れにくいノングレアのIPS液晶パネルが採用されています。

製品ページ
ノート ゲーミングパソコン
ノート ゲーミングパソコン
FRLN713/A(フロンティア)
価格120,800円(税込)
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUインテル Core i7-10750H
グラフィックGeForce GTX 1650 4GB
メモリ8GB
SSD512GB
HDD無し

条件からパソコンを選ぶ

パソコン関連記事