BTOパソコンとは?メリット・デメリット・おすすめメーカーや基礎知識も紹介

BTOパソコンとは

BTOパソコンとは?

簡単に言うと、注文後に組み立てられるパソコンのことです。 BTOとは”Build To Order (ビルド・トゥ・オーダー)”の略で「受注生産」を意味します。パソコンは、CPU・メモリ・HDDなど複数のPCパーツから構成されており、人によって最適なパーツが変わってきます。BTOパソコンでは自分にあったPCパーツでカスタマイズして注文することができ、そのパーツを組み立てた状態で出荷してくれるのです。

BTOパソコンのメリット

  • PCパーツを予算に合わせてカスタマイズできる
  • パソコンを組み立てる知識が必要ない
  • パソコンを組み立てる時間が必要ない
  • BTOパソコンのメーカーサポート付き
  • 知識があればPCパーツの拡張や交換が簡単
  • 無駄なソフトがインストールされていない
  • PCパーツの動作確認、品質チェックが行われているため相性問題も安心

BTOパソコンのデメリット

  • 注文から出荷まで数日かかる場合がある
  • パーツをカスタマイズする場合、最低限の知識が必要
  • 自作パソコンほど自由にカスタマイズできない

BTOパソコンを購入する場合の注意点

BTOパソコンの注文はネット上で行うのでPCそのものを実際に見ることはできません。外観の写真が複数用意されていますので、写真でどのようなケースなのかを確認します。

メーカー製パソコンには最初から多数のソフトウェアがインストールされているため、高額になっていますが、BTOパソコンにはそれがなく、必要なソフトはネット上から自分でダウンロードする必要があります。

Officeソフトもデフォルトでインストールされていません。Officeソフトが必要な場合はオプションで選択可能なモデルを購入するか、Amazonなどで別途Microsoft Officeを購入しましょう。

BTOパソコン販売店

パソコン関連記事