AD

VRChatは基本無料だがお金かかる。30万円は簡単に消える

vrchat

VRChatは基本無料でプレイできます。ですが、VRChatにハマればハマるほどお金は消えています。お金の消える要素をまとめてみました。ゲーミングPC一式を持っている前提です。

VRChatは基本プレイ無料

VRChatはSteam(PC)やスマホで基本無料でダウンロード&プレイできます。課金要素は用意されていますが、あまり魅力がなく、ゲーム内で課金しているのは一部のコアユーザーだけです。

ただ、ゲーム外で課金している人が大勢います。それはVRChatを楽しむためだったり、快適にプレイするためだったり、第二の人生を豊かにするためだったりします。

VR Chat

有料アバターと衣装でお金かかる

VRChatでは約10時間プレイすると、ユーザーが好きなアバターをアップロードすることができます。VRChatで使用可能なアバターはBoothというECサイトで購入できます。

有料アバターは4000件以上もあるので、自分好みのアバターは必ず見つかることでしょう。価格は約3000円~約7000円で販売されています。

完璧に自分好みにするには、各アバターに対応した衣装・髪型・アクセサリーも購入することになります。追加で約1000円~約3000円消費します。

VRChatでフレンドを増やすなら有料アバターは必須です。アバターの見た目で話しかけられやすさが大きく変わります。

そして、VRChatにハマればハマるほど、購入アバターと衣装は増えていくでしょう。

かかるお金:約3,000円~約10,000円

VRChat

VRヘッドセットと周辺機器でお金かかる

デスクトップモードでVRChatにハマると、VRヘッドセットを購入したくなります。実際、VRChatに1ヶ月ハマった人のほとんどが、デスクトッププレイからVRプレイに移行している気がします。VRChat内でデスクトップ勢は圧倒的に少ないです。

一番人気のQuest 2は約3.2万円で購入可能。Quest 3は約7.3万円です。ただ、VRヘッドセットを購入するぐらいVRChatにハマっているなら、VRヘッドセットの周辺機器も購入することになるでしょう。

装着性が上がるヘッドバンド(約1万円)、モバイルバッテリー(約5000円)、専用度付きレンズ(約1万円)あたりは必須レベルです。さらに、無線LANルーター・充電池・USBケーブル・フェイスカバー・保護カバーなどを購入することにもなるかもしれません。

あと、VR向けソフトも購入することになるでしょう。PCVRユーザーにはOVR Advanced Settings(約1000円)、XSOverlay(約1000円)、Virtual Desktop(約2000円)といった有料ソフトが人気です。

かかるお金:約50,000円~約100,000円

VR機器
Meta Quest 2—完全ワイヤレスのオールインワンVRヘッドセット—128GB
VRゴーグル
Meta Quest 3 128GB

最新ゲーミングPCでお金かかる

VRヘッドセットを使っていると、快適なプレイを求めたくなり、PCスペックを上げる必要が出てくるでしょう。VRChatはCPUもグラボ(VRAM)も重要です。

最高設定でプレイすると、i9-14900系/RTX4090でも足りないぐらいVRChatは負荷のかかるゲームです。ゲーミングPC最高クラスのスペックだと約70万円です。

お金とPCスペックの両方を考慮するならば、i7-14700系/RTX4070 Ti SUPERぐらいのゲーミングPCになるでしょう。価格は約40万円です。もう少しスペックを下げるとしても約30万円ぐらいは必要です。

かかるお金:約30万円~約70万円

マウス PC
デスクトップ ゲーミングパソコン
G-Tune FZ
マウス
ゲームモデル人気13位
新モデル
特徴
  • ワンランク上のゲーム体験をしたい方に
  • 多くのゲームで4K解像度&快適
  • 多くのゲームでフルHD/WQHD&超快適
OSWindows 11 Home
CPUインテル Core i7-14700KF
グラフィックGeForce RTX 4070 Ti SUPER
メモリ32GB
SSD2TB
価格399,800円(税込)
備考送料無料 / 3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポート
特徴Windows 11 Home ゲームプレイや動画配信など多種多様な用途で活用するハイクラス ゲーミングPC。RTX 4070 Ti SUPER 搭載!
※製品ページ右上の「カスタマイズ・購入はこちら」ボタンから購入手続きに進みます。その後、パーツやケースのカスタマイズが可能ですが、デフォルト構成でも十分です。
マウス PC
デスクトップ ゲーミングパソコン
G-Tune DG
マウス
ゲームモデル人気2位
新モデル
特徴
  • 後悔しないPCスペックが欲しい方に
  • 多くのゲームでWQHD&快適
  • 多くのゲームでフルHD&超快適
OSWindows 11 Home
CPUインテル Core i7-14700F
グラフィックGeForce RTX 4070 SUPER
メモリ32GB
SSD1TB
価格299,800円(税込)
備考送料無料
※製品ページ右上の「カスタマイズ・購入はこちら」ボタンから購入手続きに進みます。その後、パーツやケースのカスタマイズが可能ですが、デフォルト構成でも十分です。

フルトラッキングデバイスでお金かかる

VRヘッドセットを使うと、頭と両手でトラッキングするシステムとなります。腰や足をトラッキングするには、他社が発売しているフルトラッキングデバイスを購入する必要があります。

価格は約4万円。VRChat内で、フルトラッキングデバイスを購入しているユーザーは意外と多いです。

電気代でお金がかかる

VRChatを長時間プレイすると、その分PCには負荷がかかり、消費電力は多くなります。加えて、VRヘッドセットの電力も必要です。

VRChat内で睡眠するユーザーが居ますが、睡眠すればより多くの電力を消費し、電気代は高くなります。

VRChat Plusでお金かかる

VRChat Plusは公式のサブスクリプションサービスです。月額9.99ドル。日本円で約1,600円。

ユーザーアイコン、お気に入り上限増加、ユーザーランク上昇、限定バッジなどの特典がありますが、現時点で特典は少なく、あまり価値はありません。そのため、加入している人は少ないです。

現在は主にVRChat運営を支援したい人やユーザーランクを上げたい人が加入しています。

家賃でお金かかる

フルトラッキングでVRChatを楽しむには広いプレイエリアが必要です。部屋が狭い場合、広い部屋を確保するために引っ越ししたくなるという人も居るかもしれません。

あと、ボイスチャットの声やVRで動くときの物音を考慮して、防音性の高い住宅を望む人も居そうです。

パソコン関連記事

条件からパソコンを選ぶ