ゲーム実況・配信におすすめのゲーミングPC/マイク/キャプボなど 必要なもの・機材まとめ

ゲーム実況

最近、始める人が日々増えているゲーム実況動画や配信。このページではゲーム実況に必要な機材やソフトをまとめて紹介します。ファンを増やすには、視聴者が見やすい動画や配信にすることが重要です。そのため、実況環境・機材を整えましょう。

ゲーム実況に必要なもの・機材

家庭用ゲーム機の場合(PS4、Switchなど)

  • ゲーム機とゲームソフト
  • ミドルスペックのゲーミングPC
  • ゲームキャプチャー or キャプチャーボード
  • マイク
  • 実況動画を作成する場合
    • 動画編集ソフト (AviUtl、Adobe Premiereなど)
    • キャプチャーソフト (アマレコTV、RECentralなど)
  • 実況配信を行う場合
    • ステレオミキサー (通称:ステミキ)
    • エンコーダー (OBS、N Air、XSplitなど)

PCゲームの場合

  • ゲームソフト
  • ハイスペックのゲーミングPC
  • マイク
  • 実況動画を作成する場合
    • 動画編集ソフト (AviUtl、Adobe Premiereなど)
    • キャプチャーソフト (Shadow Playなど)
  • 実況配信を行う場合
    • ステレオミキサー (通称:ステミキ)
    • エンコーダー (N Air、OBS、XSplitなど)

各機材のおすすめ商品と説明

ゲームキャプチャー or キャプチャーボード

PS4・Nintendo Switchなどの家庭用ゲーム機の映像音声を録画/配信するためには、HDMI出力を利用してPCに取り込まなければなりません。その取り込むためのデバイスがゲームキャプチャー(キャプチャーボード)です。

USB接続の機器をゲームキャプチャー、PC内部に挿入する機器をキャプチャーボードと言いますが、違いは接続方法だけです。USB接続でもキャプチャーボードと言ったりもします。略して「キャプボ」。

キャプボは様々なモデルが発売されており、機能も違うので注意して選ばなければなりません。よくわからない場合は、定番の人気商品を購入するのをおすすめします(以下に記載)。

購入する際の注意項目

  • 対応OS
    使用しているパソコンのOSに対応しているかの確認が必要です。Windows10に対応しているか確認しましょう。
  • 対応キャプチャーソフト
    キャプボによって対応ソフトは異なります。中には付属ソフトしか使用できないという商品もあります。アマレコTVなどの外部ソフトが使用したいなら対応しているか確認しましょう。
  • 録画解像度とfps
    フルHD「1920×1080」に対応している商品がほとんどですが、フレームレート(fps)が60fpsで録画できるのか、30fpsでの録画なのかを確認しましょう。
  • HDCP関連機能
    ゲーム機によってはHDCPという著作権保護機能が搭載されています。HDCPがあるとゲーム映像/音声をPCに取り込むことができません。なので、HDCPが搭載されているゲーム機はHDCPを回避する必要があります。
    • PS4:HDCP有り … オプションで無効にすることができるので、キャプボのHDCP機能を気にする必要がありません(無効にした場合は一部のアプリが使用できなくなります)。
    • Nintendo Switch、WiiU、Xbox One、Xbox 360
      HDCP無し … キャプボのHDCP機能は気にする必要がありません。
    • PS3、PS Vita TV:HDCP有り … キャプボのHDCP機能を確認する必要があります。
    • スマホ:特殊なので簡単には説明できませんが、対応していればキャプボの商品ページに記載されています。

USB接続の定番ゲームキャプチャー(おすすめ順)

  • AVT-C878 PLUS:安定した動作を希望する方
    • 最大品質:1920×1080/60fps
    • HDCP対応:パススルー出力対応(4K)
    • 対応ソフト:高機能な公式ソフト、アマレコTV、OBS、N Air、XSplitなど
  • GC550 PLUS:低遅延を希望する方
    • 最大品質:1920×1080/60fps
    • HDCP対応:パススルー出力対応(4K)
    • 対応ソフト:高機能な公式ソフト、アマレコTV、OBS、N Air、XSplitなど
  • GC553:4K録画を希望する方
    • 最大品質:3840×2160/30fps、1920×1080/120fps
    • HDCP対応:パススルー出力対応(4K)
    • 対応ソフト:高機能な公式ソフト、アマレコTV、OBS、N Air、XSplitなど
  • GV-USB3HD/E:低価格を希望する方
    • 最大品質:1920×1080/60fps
    • HDCP対応:パススルー出力対応(1920×1080)
    • 対応ソフト:アマレコTV、OBS、XSplitなど

PC内蔵タイプの定番ゲームキャプチャー(おすすめ順)

  • Gamer HD 2 C988:低価格を希望する方
    • 最大品質:1920×1080/60fps
    • HDCP対応:パススルー出力対応
    • 対応ソフト:高機能な公式ソフト、アマレココ、OBS、N Air、XSplitなど
  • Live Gamer 4K GC573:高機能を希望する方
    • 最大品質:3840×2160/60fps, 1920×1080/240fps
    • HDCP対応:パススルー出力対応(4K)
    • 対応ソフト:高機能な公式ソフト、OBS、N Air、XSplitのみ

マイク

実況動画を作成する場合

動画編集ソフト

動画を投稿するには編集するソフトが必要です。視聴者に見やすく編集することが、ファンを増やすために重要です。編集には時間がかかるので、できるだけ使いやすい編集ソフトがおすすめです。よりよい動画にするには、編集ソフトの機能も大切です。

  • AviUtl:無料で高機能のため、使用している人が多いです。プラグインも多いですし、高機能なのでいろんな編集ができるのですが、ちょっと使いづらい所が難点です。
  • Adobe Premiere Pro:実況動画で稼いでいる人はプロ用のPremiereソフトを使用しています。映像編集のプロが使用するソフトなので、多機能ですし、使いやすいソフトです。デメリットは価格が高いこと。
  • Adobe Premiere Elements:Premiere Proの簡易版がElementsです。機能は削られていますが、十分使用できるソフトです。Amazonで少し安く売られています。

キャプチャーソフト

ゲーム画面を録画するために必要なソフトです。キャプボで取り込んだゲーム機の録画をするには、公式ソフトやアマレコTVなどを使用します。

家庭用ゲーム機の場合
AVerMedia製のキャプボを購入した際には公式ソフト「RECentral」が便利です。録画ボタンを押していなくても過去1時間さかのぼって録画出来る「タイムシフト機能」が役に立ちます。公式サイトから無料でダウンロードできます。

AVerMedia以外のキャプボを購入した際には、「アマレコTV」という無料ソフトが人気です。

PCゲームの場合
PCゲームを録画するには、Shadow Play一択です。Shadow Playは、GeForceグラボを搭載しているユーザーのみ使用できるNVIDIAが提供しているソフト「GeForce Experience」の機能です。無料でダウンロードできます。

実況配信を行う場合

ステミキ

ステレオミキサー(通称:ステミキ)とは、PCの音声とマイクの音声をミックスして録音・配信したい場合に使用する機能です。この機能を使用することで、PCから出ている音声とマイクの音声をミックスして1つの音声とし、配信ソフトに設定できます。

ですが、N Air/OBS/XSplitにはステミキ機能が搭載されているため、ステミキデバイスを新たに購入する必要はありません。これらの配信ソフトを使用しない場合は購入しておきましょう。

配信ソフト (エンコーダー)

配信サイトで生配信するならリアルタイムエンコーダーが必要です。最適な設定をし、高画質で配信することがファンを増やすために重要です。エンコーダー設定が甘かったら低画質&低音質になります。

  • N Air:ニコ生運営が提供している公式ソフトです。ニコ生向けに最適化されています。
  • OBS (Open Broadcaster Software):無料で高機能なため、使用している人が多いですが、少し使いにくいです。
  • XSplit:有料ソフト。XSplitは他のエンコーダーよりも登場が早かったので一応今も使用している人は居ますがOBS登場により、ユーザーは減りました。OBSよりも少し高画質、少し高機能で使いやすいです。

ゲーミングPC

選び方

  • 実況動画の場合
    動画作成時のエンコードには、CPUが重要です。CPUによってエンコードの時間が大きく変わります。動画エンコード時は、CPU使用率はほぼ100%になるため、パソコンの作業がまったくできなくなります。また、動画編集ソフトは大量のソースを同時に扱うため、メモリ16GBをおすすめします。
  • 実況配信の場合
    配信ソフトはリアルタイムでエンコードするため、パソコンに大きな負荷がかかるので、できるだけ高性能なパソコンをおすすめします。

ガリレア ZZ

このモデルは「Core i9-9900K」「RTX2080 Ti」「メモリ16GB」を搭載しているため、実況動画・配信も問題なく、PCゲームも遊びまくれる超高性能スペックです。視聴者にも自慢できる化物スペックです。

製品ページデスクトップ ゲーミングパソコン「ガリレア ZZ」(ドスパラ)
価格279,980円(税抜)
モデルGALLERIA ZZ
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i9-9900K
グラフィックGeForce RTX 2080 Ti 11GB
メモリ16GB
SSD1TB NVMe
HDDHDD 無し
ドライブ光学ドライブ無し
特徴最新CPU、超性能グラボ搭載の化物スペックモデル。3Dゲーム、ゲーム実況、4K出力、VRゲームなど怖いものなし!

ガリレア XA7C-R70S

このモデルは「Core i7-10700」「RTX2070 SUPER」「メモリ16GB」を搭載しているため、実況動画・配信も十分で、PCゲームも高画質でプレイできます。PCゲーマーに人気のあるモデルです。

製品ページデスクトップ ゲーミングパソコン「ガリレア XA7C-R70S」(ドスパラ)
価格169,980円(税抜)
モデルGALLERIA XA7C-R70S
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i7-10700
グラフィックGeForce RTX 2070 SUPER 8GB
メモリ16GB
SSD512GB
HDDHDD 無し
ドライブ光学ドライブ無し
特徴新モデル!製品レビュー700件超えの大人気モデルの後継機&新デザインケース採用

FRGAH370F/SG1

上のガリレアXFとほぼ同じ構成で販売されているフロンティアのBTOパソコンです。こちらの方がPCケースのデザインが良く、電源がデフォルトでGOLDランクということです。そのため、ドスパラで電源をカスタマイズするよりも少し安く購入できます。

製品ページデスクトップ ゲーミングパソコン「FRGAH370F/SG1/NTK」(フロンティア)
価格159,800円(税抜)
モデルFRGAH370F/SG1/NTK
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUインテル Core i7-9700F
グラフィックNVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER 8GB
メモリ16GB
SSD500GB
HDD2TB Serial-ATA
ドライブ無し

ガリレア XT

このモデルは「Core i9-9700」「GTX1660S」「メモリ16GB」を搭載しているため、実況動画・配信は十分に行えます。ゲーム機での実況を行う方におすすめです。PCゲーム実況はグラボが物足りないです。

製品ページデスクトップ ゲーミングパソコン「ガリレア XT」(ドスパラ)
価格129,980円(税抜)
モデルGALLERIA XT / 人気2位
OSWindows 10 Home 64ビット
CPUインテル Core i7-9700
グラフィックGeForce GTX 1660 SUPER 6GB
メモリ16GB
SSD512GB
HDD1TB
ドライブ光学ドライブ無し
特徴ゲームに最適なCPUと低価格グラボを搭載!ゲーミングPC入門者向け

まとめ

あと、実況動画をする場合、録画ファイルがどんどん増えていくため、HDD容量には気をつけなければなりません。バックアップ目的で外付けHDDも購入しておきましょう。

パソコン関連記事