CoD:MW2のPC推奨スペック・おすすめゲーミングPC !144fpsプレイ可能なグラボ/パソコン

CoD MW2

人気FPSゲーム「CoD:MW2」のPCスペック情報です。公式の最低・推奨スペック、144fpsを期待できるおすすめグラボ/ゲーミングPCを紹介しています。

CoD:MW2 PC版 発売情報

タイトルCall of Duty: Modern Warfare II
コール オブ デューティ モダン・ウォーフェアII
発売日2022年10月28日
ジャンルFPS
メーカーActivision
価格基本プレイ無料
言語日本語
特徴
  • キャンペーン:小規模で危険な潜入作戦から最高機密の任務まで、プレイヤーはタスクフォース141と共に世界規模で繰り広げられるシングルプレイヤーキャンペーンに臨む。
  • マルチプレイヤー:Infinity Wardがファンに最先端のゲームプレイをお届け。最新の銃のハンドリング、新ガンスミス、その他のゲームプレイや革新的なグラフィックの数々でシリーズを新たな高みへと導く。
  • スペシャルオプス:進化を遂げたスペシャルオプスのゲームモードで、戦術的な協力プレイを体験しよう。
OSWindows対応、Mac OS非対応
購入サイトBattle.net

CoD:MW2 PCスペック情報(動作環境)

必要最低スペック

OSWindows® 10 64-bit (最新アップデート)
CPUIntel® Core™ i3-6100 / Core™ i5-2500KまたはAMD Ryzen™ 3 1200
メモリ8GB RAM
グラボNVIDIA® GeForce® GTX 960またはAMD Radeon™ RX 470 - DirectX 12.0互換システム
データ容量125GB以上
ネット回線インターネット回線必要

推奨スペック

OSWindows® 10 64 Bit (最新アップデート)もしくはWindows® 11 64 Bit (最新アップデート)
CPUIntel® Core™ i5-6600K / Core™ i7-4770またはAMD Ryzen™ 5 1400
メモリ12GB RAM
グラボNVIDIA® GeForce® GTX 1060またはAMD Radeon™ RX 580 - DirectX 12.0互換システム
データ容量125GB以上
ネット回線インターネット回線必要

推奨スペックの解説

OS(オペレーティングシステム)

要求は「Windows 10、11 64bit」です。

最近販売されているゲーミングPCの多くはWindows 11またはWindows 10が搭載されています。なのでOSの項目に関しては気にする必要がありません。

CPU

要求は「Core i5-6600, i7-4770, Ryzen 5」です。そんなに高い要求ではありません。

最近のゲーミングPCは、Core i7 or Ryzen 5以上が搭載されているモデルがほとんどです。低価格モデルの場合はCore i5が搭載されている場合もあります。

販売されている多くのゲーミングPCは「Core i7-12700」「Ryzen 5 4500」以上が搭載されているため、CPU項目に関しても気にする必要がありません。

メモリ

要求は「12GB」です。最近のPCゲームはメモリ16GBが推奨スペックとなっているPCゲームが増えてきたため、販売されているゲーミングPCは、メモリ16GBが搭載されているモデルが多いです。

メモリは8GB, 16GB, 32GBで販売されているため、メモリ12GBで販売されているゲーミングPCはありませんので、推奨スペックを満たすにはメモリ16GBのPCを購入しましょう。

グラボ

要求は「GTX 1060」です。低価格モデルに搭載されているのが「GTX 1650」ですので、多くのゲーミングPCで推奨グラボをクリアしています。

ただ、「GTX 1650」はゲーミングPCとしては物足りないため、あまりおすすめはしません。最低でも「RTX 3050」「RTX 3060」を搭載しておいた方が様々なPCゲームを快適にプレイできます。

ネット回線

オンライン専用ゲームのため、インタネット接続が必須となります。ネット回線の速度は下り/上り 50Mbps以上、ping 30ms以下を満たす光回線が理想です。

CoD:MW2を144fps以上で動作させるべき理由

CoD:MW2はオンライン対戦ゲームのため、リフレッシュレート144Hz(144fps)以上でプレイすることを強くおすすめします。モニターのリフレッシュレートの数値が高いほど、映像はヌルヌルで表示されます。

リフレッシュレートは液晶モニターの性能です。60Hzなら1秒間に60回の画面書き換え、144Hzなら1秒間に144回の画面書き換えが実行されるということです。その分、敵の場所の画面表示が最新の状態に近いということになります。

144Hzの方がコマ数(画像の枚数)が多いため、60Hzよりも2倍以上のヌルヌル映像で武器の照準を合わせられるようになり、敵に弾を当てやすくなります。「しっかり狙ったはずなのに弾が当たっていない」というのが確実に減ります。

144Hzで描画させるには対応の液晶モニターも必要ですが、CoD:MW2も144fpsで動作させなければなりません。144fpsは出せないとしても、最低でも120fpsぐらいで安定に動作することのできるPCスペックを構築することで、戦績は確実に良くなるはずです。

コールオブデューティ

上記の動画はフレームレートの違いがわかるNVIDIAの動画のスクリーンショットです。144Hzと240Hzでは大きな差はありませんが、60Hzと144Hzでは敵の位置が大きく異なっています。なので、60Hzでは過去の敵を見て射撃をしているので弾が当たりにくいのです。

プロゲーマーの99%はリフレッシュレート144Hz以上の液晶モニターを使用しています。NVIDIAは、144fps/144Hzでプレイすればキルレートも上がるという調査結果を報告しています。

CoD:MW2向けおすすめグラボ

RTX 3080 12GB - 高性能グラボ

RTX 3080 12GBを搭載すれば、CoD:MW2をフルHD/高設定/144fps以上でプレイすることができます。このグラボは他のPCゲームも高設定/144fps以上でプレイしたい方に人気があります。

  • MSI GeForce RTX 3080 GAMING Z TRIO 12G
    人気メーカーの定番モデル
    Amazon
  • MSI GeForce RTX 3080 VENTUS 3X PLUS 12G
    人気メーカーの廉価モデル
    Amazon
  • その他の RTX 3080 グラボ一覧
    Amazon, 楽天市場, Yahoo, TSUKUMO

RTX 3070 Ti - ゲーマーに人気の70番台

RTX 3070 Tiを搭載すれば、CoD:MW2をフルHD/中設定/144fps以上でプレイすることができます。このグラボはPCゲーマーに人気のグラボです。他ゲームも設定次第で144fps以上でプレイすることができます。

  • MSI GeForce RTX 3070 Ti GAMING X TRIO
    人気メーカーの定番モデル
    Amazon
  • ASUS TUF-RTX3070TI-O8G-GAMING
    人気メーカーのコスパ重視モデル
    Amazon, TSUKUMO
  • その他の RTX 3070 Ti グラボ一覧
    Amazon, 楽天市場, Yahoo

RTX 3060 Ti - コスパの高いグラボ

RTX 3060 Tiを搭載すれば、CoD:MW2をフルHD/低設定/144fps以上でプレイすることができます。このグラボを搭載しておけば他ゲームでも後悔することはないでしょう。

  • MSI GeForce RTX 3060 Ti GAMING X 8G LHR
    人気メーカーの定番モデル
    Amazon
  • ASUS ROG-STRIX-RTX3060TI-O8G-V2-GAMING
    人気メーカーの定番モデル
    Amazon
  • 玄人志向 GK-RTX3060Ti-E8GB
    国内メーカーの安いモデル
    Amazon
  • その他の RTX 3060 Ti グラボ一覧
    Amazon, 楽天市場, Yahoo

CoD:MW2向けおすすめゲーミングPC

後悔しないゲーミングPC

価格と性能のバランスがいい「フロンティア」が販売するモデルです。

「Core i7-12700F」「RTX 3080」「32GB」を搭載しているため、CoD:MW2をフルHD/高設定/144fps以上でプレイすることができます。

このスペックがあれば、敵よりも高フレームレートでプレイできるため、CoD:MW2で優位に立てるスペックです。好成績を残すことができるでしょう。

実況動画・配信も問題なく、他のPCゲームも高画質/144fps以上でプレイできます。

メリット
  • 何でもできるPCスペック
  • 敵より優位になるグラボ
  • 良デザインのPCケース
デメリット
  • 4Kプレイには不向き
  • HDD非搭載
製品
情報
デスクトップ ゲーミングPC
デスクトップ ゲーミングPC
FRGH670 製品ページ
(フロンティア)
価格284,800円(税込)
OSWindows 11 Home 64bit版
CPUインテル Core i7-12700F
グラフィックGeForce RTX 3080
メモリ32GB
SSD1TB M.2 NVMe
HDD無し
▼似ているスペックの安いパソコン (もっと見る)
フロンティア パソコン
FRGHB550
フロンティア
GeForce RTX 3080/16GB/1TB M.2 NVMe SSD/HDDなし
235,800円(税込)

コスパの高いゲーミングPC

コスパの高い通販サイト「ストーム」が販売するモデルです。

「Core i7-12700」「RTX 3070 Ti」「16GB」が搭載されているコスパ重視モデルです。「RTX 3070 Ti」はゲーマーに人気のモデルとなっています。

CoD:MW2をフルHD/中設定/144fps以上でプレイできるだけでなく、実況動画・配信も快適に行なえます。WQHD環境でも設定次第で120fps以上のプレイが可能です。

このスペックがあれば、他ゲームも快適にプレイすることができます。このモデルのPCケースはデザインがいいです。ケース側面は強化ガラスサイドパネルとなっており、PC内部の光を楽しんだり、ほこりの溜まり具合を確認できたりします。

メリット
  • 後悔しないPCスペック
  • 人気のグラボ
  • 良デザインのPCケース
デメリット
  • 4Kプレイには不向き
製品
情報
デスクトップ ゲーミングPC
デスクトップ ゲーミングPC
価格269,800円(税込)
OSWindows11 Home 64bit
CPUIntel Core i7-12700
グラフィックRTX 3070 Ti
メモリDDR5メモリ 16GB
SSDNVMeSSD 1TB
▼似ているスペックの安いパソコン (もっと見る)
フロンティア パソコン
FRGAGB550
フロンティア
GeForce RTX 3070 Ti/16GB/1TB M.2 NVMe SSD/HDDなし
209,800円(税込)

価格重視ゲーミングPC

価格と性能のバランスがいい「フロンティア」が販売するモデルです。

「Core i7-10700F」「RTX 3060 Ti」「16GB」搭載なので、CoD:MW2の推奨スペックを大幅にクリアしています。

このスペックがあれば、CoD:MW2をフルHD/低設定/144fps以上でプレイできます。フルHD環境では後悔することのないPCスペックとなっています。

メリット
  • バランスの取れたPCスペック
  • フルHD環境に最適なゲーミングPC
デメリット
  • WQHDプレイには不向き
  • HDD非搭載
製品
情報
デスクトップ クリエイターPC
デスクトップ クリエイターPC
FRGAFH570 製品ページ
(フロンティア)
価格194,800円(税込)
OSWindows 10 Home 64bit版
CPUインテル Core i7-10700F
グラフィックGeForce RTX 3060 Ti
メモリ16GB
SSD1TB M.2 NVMe
HDD無し
▼似ているスペックの安いパソコン (もっと見る)
フロンティア パソコン
FRGXB660
フロンティア
GeForce RTX 3060 Ti/16GB/1TB M.2 NVMe SSD/HDDなし
169,800円(税込)

エントリー向けゲーミングPC

満足度の高い「マウスコンピューター」が販売しているモデルです。マウスは土日祝含む24時間365日で電話サポートしていますので、初心者でも安心して購入できます。

「Ryzen 5 4500」「GTX 1650」「16GB」が搭載されていますので、CoD:MW2の推奨スペックを満たしています。初めてのゲーミングPCに最適なモデルとなっています。

144fps以上でのプレイはできませんが、ストレスなく快適にプレイすることはできます。

メリット
  • カジュアルゲーマーに人気のスペック
  • 価格が安い
デメリット
  • 将来的にPCスペック不足になる可能性
製品
情報
デスクトップ ゲーミングPC
デスクトップ ゲーミングPC
価格139,800円 119,900円(税込) セール中
OSWindows 11 Home 64ビット
CPUAMD Ryzen 5 4500
グラフィックGeForce GTX 1650
メモリ16GB
SSD512GB
▼似ているスペックの安いパソコン (もっと見る)
マウス パソコン
G-Tune PM-B
マウス
GeForce GTX 1650/16GB/256GB/HDDなし
139,800円(税込)

条件からパソコンを選ぶ

パソコン関連記事